作成者別アーカイブ: admin

ココイチのスープカレーが意外と美味しい

先日、久しぶりにココイチへ行きました。

初めは普通のカレーを食べるつもりで行きました。
この日はマラソンを走った後だったので、なんならがっつりとカツカレーとか食べてやろうと思っていました。

メニューを眺めていると、期間限定の「スープカレー」に目が止まりました。
お。ココイチってスープカレーもやってるんだ? 初めて見た気がします。

サイトから画像を拝借

お店に入る前はカツカレーモードだったのですが、メニューを見ながら考えました。

カレー屋さんのココイチが投入するスープカレー。スープカレーの認知が広がったとはいえ、有名カレーチェーン店のココイチ、流行りだけで適当なものを出すようなことはしないはず。実は結構な自信作なのではないか?

そう考えると、カツカレーより断然気になりはじめました。

マラソンを走った後だから、油っこいカツカレーより、ちょっと体に優しそうなスープカレーも良いのではないだろうか。
しかも「2月までの期間限定」と書いてあるではありませんか。今しか食べられないのです。

というわけで、通常のカレーを食べたいモードではあったけど、それを振り払いスープカレーを注文してみました!

注文したのは、「ローストチキンスープカレー(948円)」!

ローストチキンスープカレー

10分ほどで、スープカレーが登場しました。

あれ? なんか見本に比べて盛り付けがイマイチ感は否めません。

サイトにも「商品写真は、具材をはっきりお見せするために撮影した写真です。」と書いてありましたね。
しかし、盛り付けって大事だよなあ。もうちょっと頑張って欲しい!

具は盛りだくさん。チキン、キャベツ、じゃがいも、人参、玉ねぎ、揚げナス、ゆで卵、オクラと、バラエティに富んでいます。

さて、それではいただきます。

スプーンを突っ込んでみると、思った以上に具だくさん。
スープだけをすくうのが難しいほど。

ズズズ……。

お。
おお。

スープ、ダシがよく効いていて行けますね!
カレーなんだけど、和の要素もあって、いくらでも飲めちゃう感じ。
スパイスもほどよく効いていてうまみ感、結構あります。

そしてパッと見、2個しか見えなかったチキン、実はゴロゴロと4つも入っていました。
このチキン、香ばしく焼きが入っていてかなり良い感じです。

そのほかの具も、ゴロゴロっと入っているので、食べごたえも十分。満足感もかなりあります。
この野菜とチキンから出たダシ的なものも、結構溶け出しているのかもしれません。

ご飯は少しだけ固めに炊かれていて、スープを浸して食べるとちょうどよい食感になるではありませんか。

白米はさすがに普通のカレーと一緒だと思いますが、ココイチでは「カレーに合うご飯」はきっと研究し尽くされているのでしょうね。

スープをすくい、少しご飯にかけて口に放り込む。この「くりかえしご飯にスープを浸して食べる」ルーチンの幸せ感、他の食べ物では実はあまり感じられない食べ方かもしれません。

ズズズっとあっという間に完食してしまいました。

ごちそうさまでした

想像以上に美味しかった!

普段からスープカレーってそんなに食べるものではない僕にとっては、結構な満足感でした。
札幌在住とかだと専門店がたくさんあるので、また違った印象になるかもしれませんが。

もうちょっとだけ盛り付けを頑張ってくれたから完璧かな。

また、ココイチで通常のカレーではないものを頼むという、ある意味非日常感を楽しむのも良いと思います。
えっ? ココイチで普通のカレー食べないの? みたいな。

残念なのは、このスープカレーが期間限定なところですね。
数年前から毎年、11月から2月までやっているようなので、冬のお楽しみというところでしょうか。
2014年の告知を発見したので貼っておきます(↓)。

ココイチに行くときって普通のココイチカレーを食べたくて行くわけですけど、期間限定メニューを狙ってみるのもアリだなと思いました。
いつもは定番メニューの方を見ちゃうのですが、期間限定メニュー、侮れません。

伊万里ハーフマラソン完走! 目標だった2時間切りを達成したよレポート!

1月14日(祝・月)、佐賀の伊万里で開催された「伊万里ハーフマラソン」を走ってきました!
2019年に入って初めての大会参加になります。

準備・移動

住んでいる糸島から会場までは車で約1時間半。
朝は5時に起きて、家を7時過ぎに出発しました。

今回はハーフを走るので、フルに比べると準備もだいぶライトな感じで。
補給食も持たず、だいぶ気楽な感じです。

途中でコンビニでおにぎりと大福を仕入れて、会場に到着してから食べました。

駐車場情報

スタート地点は、伊万里市民センター。

駐車場は、その市民センターの周りの小中学校が開放されていました。
会場が近くなると、駐車場の案内看板が出てきます。

市民センターから一番近いと思われる、「伊万里小学校」は既に満車の表示。
この先にある「啓成中学校」に止めることができました。

大会終了後に撮影したので車がまばらですが、朝にはたくさんの車が停まっていました。

この啓成中学校、さすが伊万里なだけあって、壁に伊万里焼的なタイルが貼られていました。

ちょっとした坂の上にある学校で、市民センターまでも少し距離があるのですが、ウォーミングアップに歩くにはちょうどよい距離です。めちゃくちゃ晴れていて気分爽快。

荷物預かり・着替えなど

着替えは、伊万里市民センターに設置された更衣室で行います。
更衣室といっても、絨毯の敷かれただだっ広いスペースに結構ギュウギュウな感じで着替える感じ。

僕は家から走る格好で行ったので、靴下を履いて靴紐を締めるくらいで準備は完了。

荷物は、その更衣室に各自置きっぱなしになります。
貴重品は預かってもらえるので、大事な貴金属は預けるようにしましょう。
僕は鍵や免許証は身につけて走りました。

格好

この日はかなり晴れていて風がない、絶好のコンディション。
長袖のスポーツジャケットを着て走ると暑すぎそう……。ということで、1月ではありましたが半袖で走りました。

これはゴール後の写真ですが、半袖の人がほとんどです。

これが大当たり。スタート前も寒さに凍えることもなく、走り出してすぐに体が暖まってきました。
長袖のスポーツジャケットを着ていたら、10分もしないうちに脱ぎたくなったと思います。

レースの目標

今回のレースには目標を作りました。
ハーフ2時間切り」です。

単純にフルで4時間を切るには、ハーフで2時間を切れないと不可能だからという理由です。

現在僕は、10週間かけてサブ4達成のための練習中。
練習法が書かれている本の中に、「ハーフなどの大会を練習に組み込んでもよい。その場合、5kmずつビルドアップ(スピードを上げていく)ようにしてみましょう」との記述がありました。

そこで、ビルドアップをしつつ、ハーフで2時間を切るにはどうしたらよいのかシミュレーションしてみました。
その結果がこちら。

0-5km 5分48秒
5-10km 5分36秒
10-15km 5分24秒
15-20km 5分24秒
20-21km 5分20秒

これで「約116分=1時間56分」で走りきれる計算になります。
というわけで、今回の目標はこの設定タイムをクリアすること!

今回もしっかりメモを持って走りました。

レース展開

さて、まずは結果からご紹介。
結果は1時間56分40秒!

おおお、想定通りのタイム!!
すごくない??

しかも、だいたい事前に立てた、後からスピードをあげていくというシミュレーション通りにタイムを刻むことができました。

下記、各ポイントについて雑感をまとめました。

スタート付近

ちなみにスタート地点にはゲートはなく、旗のみ。

スタートはいつものように団子状態。
市内をぐるっと一周します。

スピードを上げるにもあげられず、最初の500mを6分28秒ペースで入っちゃう。
これはいかん! とスピードを上げ、次のラップからはタイムが安定。

8〜10km地点

コース最大の難所である伊万里湾大橋の上りと下りが出現します。
1.5kmくらいはずっと上りなんじゃないかな?

コース案内図にも「登り坂です!」と書かれるくらいの急坂。

ここでさすがにタイムロスをしてしまったので、上りきったあとの下りで取り返すべく飛ばしました。
その甲斐あって、下り坂では平均ペース4:57と今回のレースの中で最高スピードを記録!

この伊万里湾大橋から見る伊万里湾はめちゃくちゃキレイでした。
快晴だったこともあり、光がキラキラと反射して天国かな? って思いました。

終盤

伊万里湾大橋を越えてからは足がパンパンになってきたのですが、10kmを越えてからは5分24秒のペースを保つように常に時計を気にしながら走りました。

終盤にもアップダウンがあったため、多少のタイムの前後はありますが、だいたいイーブンで走れた感じです。
ハーフの距離だからがんばれたというのもありますね……。

18kmを越えた地点で、「残りあと3kmを平均6分ペースで走っても2時間が切れる」ことが分かったので、だいぶ気持ちに余裕が出てきました。

しっかし、最後の1kmはフルでもハーフでも長い長い。笑。

給水所

ハーフにしては給水所が多めだと感じました。全部で5箇所。

それぞれポカリと水が用意されていて、暑かったのでとても助かりました。
バナナやチョコレートなどの給食が用意されている給水所もありました。

フィニッシュ後

広場にはたくさんのテントが出て、食べ物お土産がところ狭しと並ぶお祭り会場に。
活気があって楽しい空間でした。

ランナーにはグリーンカレーと、伊万里牛を使った元気鍋が無料で配布!
ランナー限定と書いてありましたが、並べば誰でもタダでもらえてました。笑。こういうところで厳密じゃないのは良いですね!

元気鍋は、少し甘めの味付けの汁物です。あたたかくて美味しかった!

ものすごい大きな鍋で作れられていて、パフォーマンス的にも見応えがありました。

また、ランナーには会場で使える200円クーポンが配られました。
これは各テントの食べ物やお土産を買うのに使えます。

赤と緑のハレーションがすごい。

美味しそうなものがたくさんあって悩んだのですが、1個100円のお菓子を4個買ってきました。

そういえば、会場にカップラーメンがたくさん入った段ボールを持っているランナーが何人かいて、何かと思ったら、どうやらキリ番賞的なもので当たったみたいです。

カップラーメン、そんなに重くないし、保存にも困らないし、普段あまり箱買いしないものだし、なかなか良いプレゼントですね!

おわりに

大会自体はローカルながら、しっかりと運営されていて好感の持てる大会でした。
特にフィニッシュ後の、ほのぼのとした会場の雰囲気は良かったなあ。

レースの方は、ここまで明確にシミュレーションして目標を立てたのは初めてだったのですが、その通りに走ることができて我ながらよくできました!

しかしフルはこの距離を倍。
このペースで倍の距離を走れるかといったら正直キツイ…。
2月にはフルマラソンが控えているので、あと5週間練習がんばります!!

朝5時の超早起きには、ご褒美が必要だ

最近、早寝早起きの生活を実践していて、朝の5時台に起きて仕事をしています。

朝早く起きるのは、やっぱりしんどい!
早く寝ても眠いし、部屋は寒いし暗い。

そこで必要になるのは、早起きした自分に対してのご褒美です。

そのご褒美がドリップコーヒー。

実は今までドリップには興味のなかった僕ですが、
このコーヒーのおかげで早起きが楽しくなってきました。

ドリップコーヒーに興味が出てきた理由

え? コーヒーの良さに今頃気づいたのって?
そうなんです。今まで家で淹れるドリップコーヒーにはほとんど興味がありませんでした。

コーヒーの味なんて違いがよくわからないし、淹れるのも面倒でした。

そんな僕がドリップコーヒーを飲むようになったのは、貧乏根性からです。

今までコーヒーといえば、散歩がてらちょこちょこ近くのコンビニまで買いに行っていました。
コンビニコーヒー1杯約100円。コーヒー屋さんで飲むより全然安いし、満足していました。

これでも節約していると思っていたのですが、ちりも積もれば山となる。
そこで調べてみると、家で市販のドリップコーヒーを淹れると一杯30円くらいで済むことに気が付きました。

スーパーのドリップコーヒー売り場に行くと、思った以上に品揃えが充実しているんですね。
これ、淹れて飲んでみると、意外においしい。

そんなにコンビニと変わらなくない?
あ、これでいいかな? と思うようになりました。

朝のドリップコーヒーが至福

そんなわけでウチで使っているのは、豆から挽くヤツではなく、スーパーで売っている個包装のドリップコーヒーです。

それでもなにより、「淹れる」こと自体が楽しい。

個包装のフィルターをペリペリ開ける音、直後に漂うコーヒーの香り、お湯を注ぐとたちこめる湯気。
嗚呼、すべてがよい。

なんで今まで「コーヒーを淹れる幸せ」に気が付かなかったのかと後悔するくらい。
寒い時期だから、なおさら良いのかもしれません。

お湯を沸かしている間に、台所の出しっぱなしだったお皿を食器棚に戻したり、前日に飲んだビールの空き缶を仕分けしてゴミ箱に入れたりして待ちます。これで朝から「自分ってなんてテキパキ仕事するやつなんだ」と、謎の自己肯定感が生まれてきます。

そして、早朝はお腹が空いているので、コーヒーと一緒にチョコレートやクッキーなんかをつまみます。これがまた至福。

最近のお気に入りは、ブルボンのチョコリエール。100円でたくさん入っているやつ。こういうちょっと安いやつがたまらなく良いんですね。

今一番気に入っているドリップコーヒー

ちなみに、7〜8種類くらい試した中での一番気に入っているコーヒーはコレ。
ドトールの「コクと深みの香ばしブレンド」です。

これダントツで好みだなあ。
その名の通り、めちゃくちゃ香ばしいんです。
コーヒーにそこまでこだわりのない僕が分かるくらいなので、この香ばしさはかなりイケてるんでじゃないでしょうか。

ドトールで飲めるコーヒーそのままというわけではないですが、かなり美味しいです。
ちなみにコーヒーチェーンの中でもドトールのコーヒーはとても好きです。

おわりに

そんなわけで、ドリップコーヒー飲みたさに早起きができている今日このごろ。
謎の自己肯定感も生まれ、これだけでかなりクオリティ・オブ・ライフが上がってきたわよ!

そしてこうなると当然、豆を買ってきて挽いて淹れるコーヒーにもちょっとずつ興味が出てくるわけです。

糸島、福岡、コーヒー豆を売っているお店も多いんですよね。
ちょっと色々と調べてみたいと思います。

開いているタブ内の「タイトルとURL」を一発で抽出。Chrome拡張「GetTabInfo」が便利!

Chromeで開いている全タブのタイトルとURLを、好きなように整形してリストを作ることができるChrome拡張が「GetTabInfo」です。

僕は、自分のブログの過去記事のリンクリストを作る時に使ったりします。

何ページものタイトルをコピーしてURLをコピーして……っていちいちやるのは面倒ですよね。

この機能拡張、使い方はめちゃくちゃ簡単で、抽出したいページをタブで開いておいて、機能拡張ボタンを押すだけです。

機能拡張は、下記からインストールできます。
https://chrome.google.com/webstore/detail/gettabinfo/iadhcoaabobddcebhmheikmbcjcigjhc?hl=ja

使い方を下記で詳しく紹介します!

使い方

機能拡張をインストールすると、Chromeのウィンドウの右上にボタンが増えます。

抽出したいサイトをタブで開いておき、機能拡張ボタンを押すことでGetTabInfoが起動します。

起動すると、枠が2つある画面が表示されます。
上の枠に抽出条件を書くと、下の枠にその結果が表示される仕組みです。

そして、その抽出条件を自由に記述することで、吐き出す形を整形できるのがGetTabInfoの大きな特徴です。

初めに一回設定してしまえば、あとはワンクリックで使えるようになりますし、設定自体もそんなに難しくありません。

基本形

まずは基本形。

%%TITLE%%:ページタイトルの取得
%%URL%%:URLを取得

することができます。

たとえば、https://www.yahoo.co.jp/ と https://twitter.com/ の2つをタブで開いて、基本形でタイトルとURLを取得してみると、下記のような結果になります。

ソースを追加してみる

そして、次のようにすると、リンクを張った状態のHTMLソースを吐き出すこともできます。便利。

もちろん、liで挟んでもOK。
こうして、はじめからリストの形で書き出すことも可能。

テンプレートは、リアルタイムで反映されるので直感的に作成可能です。これも便利な点。

いちど自分のよく使う形をつくったら、それをテンプレートとして保存することもできます。これで何回でも同じ形で呼び出すことができます。

めちゃくちゃ使いやすくてよくできていますね。

おわりに

2〜3個のリンクリストを作るだけなら手動でもなんとかできますが、数が多くなってきたらPCに任せたいですね!
僕はもう、この機能拡張なしでリンクリストを作る気が起きません。笑。

【コンサドーレ】2018年オフに退団した選手の在籍期間まとめ

2019年シーズンの新体制が発表され、いよいよチームの全貌が明らかになってきました。

ここでちょっと振り返り。
2018年のオフシーズンに退団が決まった選手が、どのくらいチームに在籍していたのかをまとめてみました。

2018年の退団選手は15人。
最長はウッチーの9年間。
逆に最小1年間のみの在籍だったのは三好と宮吉。

各年の選手について振り返ります。

2010年入団(9年在籍)

内村
2度のJ1昇格を経験、J2時代も常にエースでい続けたレジェンド。

2016年のフクアリでのジェフ戦のATのゴールは、一生忘れられないと思います。
移籍先のFC今治は、今年勝負に出てると思うので、J3昇格へ活躍してほしい。

2011年入団(8年在籍)

これまた札幌のレジェンド河合
特にJ2時代は頼れる兄貴としてセンターバックに君臨。
若手をまとめるあの存在感は抜群でした。

2013年入団(6年在籍)

永坂、前(寛)
ユースからの昇格の2人。
前は、生観戦したときに、その体のがっしり具合に驚いたのを覚えています。ラグビー選手かな?って思った。レンタル移籍先の水戸に請われて移籍することは幸せだと思うし、応援したいと思います。

永坂は実はあまりプレーを見たことがないのですが、今年は水戸でも怪我に苦しんだようで、再起を願っています。

2014年入団(5年在籍)

都倉
彼が今年抜けるとは思わなかったですね。報道を聞いた時はショックでしたが、時間が経てばまあこういうものかと理解できるようになりました。
セレッソへの移籍には賛否両論ありましたが、これもプロスポーツ選手の判断だと思います。
彼が札幌にもたらしてくれたものは大きいと思います。札幌の記念ゴールを次から次と獲っていったなあ。

2015年入団(4年在籍)

稲本
まさかの稲本がJ2真っ只中の札幌へ来てくれるとは。
移籍初年度は31試合出場と、チームの中核を担ってくれました。
プレー以外でも、彼の存在感や経験はチームへの影響力大だったと思います。

2016年入団(3年在籍)

ジュリーニョ、菊池、ヘイス
J1昇格の勝負の年に加入。
ジュリ、ヘイス、マセードのブラジルコンビはいいキャラすぎた。しかし特にヘイスは怪我がちでもっと見たかった感は否めません。
菊池もJ1の鳥栖から来てくれると思わなかったよね。

2017年入団(2年在籍)

横山、田中、兵藤、金園
間違いなくJ1昇格後の1年を支えてくれた4人。特に2017年は守備ベースの戦い方だったので、J1の経験者がチームにもたらしてくれた安定感は必要不可欠でした。

2018年入団(1年在籍)

三好、宮吉
攻撃的にシフトした2018年のチームの象徴的存在のひとりが三好でしょう。終盤はゴールも量産しだしたので、もうちょっと見たかったですね。
宮吉はブレイクし切れなかったか。柏戦での長距離のヘディングはいまだに記憶に残っています。

おわりに

みんないなくなってしまうのは残念ですが、確実に今のコンサドーレの歴史を作ってくれた選手たちだと思います。

コンサドーレサポーターのツイートを見ていると、過去に在籍した選手の活躍や動向がよく流れてくるのですが、一度在籍した選手の情報が流れてくるのって嬉しいんですよね。
これはサポーターを続ける醍醐味のひとつかもしれない。

どの選手に対しても、今後の活躍を願っています。
対戦のある選手は札幌戦以外で。

【サブ4への道】本格練習第4週:ヤバイ。ビルドアップ走がサブ4ペースより早い設定になってきた。

サブ4を目指しての本格練習。
10週間あるうちの、第4週目が終わりました。

練習内容は、「限界突破マラソン練習帳」を参考にしています。
10週間でサブ4達成するための練習カリキュラムと、その具体的な理論を教えてくれる本です。

第4週は今までのポイント練習である「ビルドアップ走」と「ロング走」に加えて、「インターバル走」が追加されました。

インターバル走

短距離のダッシュを数本行う練習です。

ジョグ10分
600メートル走1本
200メートル走3本

と、距離的には大したものではありませんし、時間もかからずあっという間に終わります。
これはビルドアップ走の翌日に行う練習なのですが、疲れた足にダメージを入れることで超回復を促す練習だそうです。

実際、そんなにキツイものではありませんでした。
どちらかというと、他のポイント練習は長い距離を走るものだったので、ダッシュ練習はかえって新鮮でした。
気分転換としても良い練習だと思います。

ビルドアップ走

さて、今週のビルドアップ走。

キロ5分48秒
キロ5分36秒
キロ5分24秒

と5kmずつスピードを上げていきます。
最後の5kmなんて、サブ4より早いペース。こんなスピードで5km走ったことないわ……。

だいぶ恐れをなしていたのですが、なんとか設定タイムはクリア。
走ってみると、ひたすらタイムを気にして走るせいか、意外とあっさり終わります。
キツイことはキツイですが、メリハリがついたアツい練習だと思います。

今回も、メモを見ながら走りました。
メモがあれば設定タイムを忘れても安心です。
ちなみにこのようなメモは、フルマラソンの時にも持参すると安心ですよ。

ロング走

4週目のロング走のタイム設定は

キロ5分55秒で120分

これは先週のロング走と同じ設定です。

タイム設定はそれほど早いものではないのですが、120分は長いんですよねえ。
地味に、ビルドアップ走よりじわじわとキツイかも。

練習内容はこの本をそのまま!

「限界突破マラソン練習帳」という本を参考にしています。

「サブ4達成のためにはこういう練習をやると良い」という、具体的な練習内容が10週間で完結するように紹介されています。
なぜその練習をするのかを理論的に説明されているので、とても納得感があるんですよね。

この本の内容をそのままやっています。

おすすめの練習本です!

【福岡】「MARK IS 福岡ももち」の「J.S BURGERS CAFE」でリッチなハンバーガーを食す!

昨年の年末のこと、福岡に出来たばかりのショッピングモール「MARK IS 福岡ももち」に行ってきました。

ヤフオクドームの隣にできた、大規模な商業施設です。
ららぽーとみたいな感じと言えば、だいたい想像がつくでしょうか。

オサレな服のお店やインテリアのお店など、めちゃくちゃたくさん入っていて、とても楽しい場所です。
いろんなモノが見られて、良い刺激になります。

しかし、あまりの広さに、お店を見て回るだけで足が棒に。

時間も夕方を回ってお腹も空いてきたので、休憩することにしました。

「MARK IS ももち」には、大きなフードコートとレストランが点在しています。
まずフードコートを見に行ったのですが、冬休みだったせいもあり、あまりの人混みに早々に撤退。

どこか落ち着いたレストラン的なところに入ろうと、見つけたお店が「J.S BURGERS CAFE」というハンバーガー屋さんです。

J.S BURGERS CAFE

「J.S BURGERS CAFE」はいわゆるプレミアムハンバーガーというか、ちょっと高くてリッチなハンバーガーが食べられるお店です。全国に10数店あるようですが、九州では「MARK IS ももち」だけのようです。

時間帯は17時ころと、夕飯には早かったせいか、お店は空いていて、さくっと座ることができました。

店内は思いのほかシンプルで、めちゃくちゃなアメリカ感もなく、スッキリしていて居心地がよい感じ。

さっそくメニューをチェック!
どれも美味しそうすぎる……。リッチなハンバーガーだけあって、どれも1,000円を超えています。

奥様と2人だったので、2つ頼んでシェアすることにしました。

ひとつは、お店名がついている看板メニューっぽい「J.S バーガー(1,210円)」。もうひとつは、「MARK IS ももち店」限定の、「天然真鯛フィッシュバーガー(1,380円)」。

福岡って鯛が有名なんですよね。
そして、このフィッシュバーガーは、糸島産の材料をいくつか使っているとのこと。糸島在住の自分としては嬉しくなってしまい、注文することに。

待つこと10分ほどでハンバーガーがやってきました。

うまそう!
J.S バーガーは半分にカットしてもらいましたよ!

ではまずJ.S バーガーからいただきます。

半分にカットしたのにもかかわらず、ちょっとでかすぎて食べにくい……。でもそこが良いんでしょうなあ。
解体しながらフォークでいただきました。

うーん、この本格的な肉、とろけるチーズ、食感のよいアボカド。
久々にこういうハンバーガー食べたけど美味い!

そして、フィッシュバーガー。
こちらもかじりつくことは不可能なサイズだったので、ナイフでカットしながらいただきました。

フライのガリッとした食感がたまりません。
ちょっと甘辛なソースがいい味出しています。また、絡んでいるたまごソースがリッチな感じで良いんですよね〜!

付け合せのポテトも、ガリガリっとした歯ごたえのある食感でこちらも美味しい。

かなり満足度高いですね!
食べにくいのも特徴のひとつというか、食べにくさも記憶に残る憎いヤツです。

ごちそうさまでした

おいしかった!

値段的にはちょっと高いけど、食べてみるとこのくらいの値段にはなっちゃうよなーと、納得の美味しさでした。
なんでハンバーガーってこんなに人を幸せにしてくれるんだろう。

ごちそうさまでした!

「ジェイエス バーガーズ カフェ マークイズ福岡ももち店」
福岡県福岡市中央区地行浜2-2-1 マークイズ福岡ももち 2F
https://tabelog.com/fukuoka/A4001/A400203/40050216/

ブログの過去記事は、どのくらいの資産になるのか

よく、ブログは「過去記事が資産になる」と聞きます。

自分のブログの過去記事は、どのくらい読まれているんだろう。
気になってきました。

PV数のチェックは趣味のように行っている僕ですが、細かな分析はあまり行っていません。

そこで、自分のブログの過去記事へのアクセス数を調べてみました。

完全に人によると思いますが、参考までに御覧ください。

記事更新遍歴

その前に、僕のブログについて少しだけ解説します。

僕のブログの初めての記事は2013年で、期間的には5年以上ブログを継続していることになります。

今までの記事数です。字が小さいけど勘弁。

もちろん、更新頻度には波があります。

2013〜2014年は、月の更新回数が一桁という月がほとんど。

2015年〜2016年は、割とコンスタントに書けていると思います。

2017年の8月以降は毎日更新で、2018年は365記事書けました。

こんな感じで、年を追うごとに更新頻度は上がってきているというブログです。

検証方法

2018年12月の1ヶ月にアクセスされた記事は、いつ書かれた記事なのかを計測しました。

結果

結果を円グラフにしました。

これを見ると、昨年2018年に書いた記事が35%。
2015年(17.4%)、2016年(13.0%)、2017年(16.2%)は、それぞれほぼ均等にアクセスを獲得してくれている感じです。

頑張っていなかった2014年は8%と、2015年の半分。

2013年にいたっては、ほぼアクセスナシでした。なにせ2013年は21記事しか書いてないですからね……。PVがあるだけ奇跡かもしれません。

個人的には、2015〜2017年の過去3年間の記事で、全体の46.6%とほぼ半分を獲得してくれているのは、かなり大きいと感じています。
結果的には、約半分が3年間の積み重ねということになります。

来年の今頃はどのような割合になっているか、今から楽しみです。

 

※ちなみに、円グラフの作成はこちらでサクッと行いました。便利なサービスです!
https://lab.syncer.jp/Tool/Pie-Chart-Generator/

禁断の「業務スーパー」のデザートを買ってきた!

前にTwitterか何かで見たことがあったんです。
業務スーパーのデザート。

これが不思議で、牛乳パックみたいな入れ物に入っていて、見た目は飲み物みたいな感じなのに、中には固形物が入っているという。

なんとなく気にはなっていたんですが、業務スーパーにはなかなか行く機会がなく、そのまま忘れてしまっていました。

そして数年の時が経ちました。

近所の業務スーパーでの出会い

で、で。
最近のこと、ウチの近所に業務スーパーができたのです。

そして、どんなものが売っているのか、興味半分でその業務スーパーにでかけたときに出会いました。
そう、あの業務スーパーのデザートです!

おお、これが伝説の!
売り場で、年甲斐もなく興奮してしまいました。

コーヒーゼリー、抹茶ババロア、オレンジゼリー、プリンなど7〜8種類はあったでしょうか。

その中から早速、杏仁豆腐を買ってきてしまいましたよ!

これね、どう見ても飲料物でしょ。
でも中身は固形なんです。

なんでこの形のパッケージなんだろう。

運びやすさ? この箱のママ固めてしまう効率の良さ?
いろんな理由があるのでしょうが、牛乳パックそのままの形状から来る違和感はやはりすごいですね。

食べてみる

さっそくいただきます!

お。ねっとり感もあって、想像以上に美味しい。もっと可もなく不可もなくという感じかと思ったけど、これは行けますね。

それにしてもかなり大量に入っています。内容量1kgですからね……。
多分、飲食店などでデザートに使ったりするのでしょう。

このサイズで238円。
今回は夫婦2人で4回で食べきりました。つまり、8皿分ですね。
1皿30円切ってます。なかなかのコスパではないでしょうか。

厳しいポイント

1点、これは厳しいと思ったポイント。

半分くらい食べ進めると、底の方からすくい上げるのが地味に大変
傾けてもなかなか滑り出てこないし、たまった水気が底にたまったりもするので、なかなかカオス。

大量に出すお店であれば、大きなお皿やボールに出して、そこから小分けにするんだろうなあ。

ここだけ改善できれば最高だと思います。
何か方法を考えなければ。

おわりに

この牛乳パックの形状に入っているだけでテンションアップなのに、中身も美味しくて大量、さらに激安と来たら、もう選ばない理由がありません。

ちょっとこれは他のデザートも試してみたいですね!

Adobe Fontsが便利すぎる! 使用条件、使い方を解説。

Adobe Fontsは、Adobe CCを使っているユーザーが追加料金なしで使えるフォントサービスです(アカウント登録のみでも一部使用可能)。

恥ずかしながらおぼろげにしか知らなくて、全く利用していませんでした。
これ、かなり便利ですよ!

Adobe Fontsの特徴

使えるフォントは日本語で100種類、欧文フォントは1600以上あります。

しかも、中ゴ、リュウミン、新ゴ、丸ゴ、筑紫A丸B丸、貂明朝、など使いやすいスタンダードなフォントもきっちりラインナップされていて、かなり普通に使える感じです。

もっとビミョーなフォントばかりかと思っていてごめんなさい。中にはビミョーなのもありますが。笑。

欧文フォントは1600以上と充実しています。

また、Adobeのデザイン系のアプリケーションで使えることはもちろん、Webフォントとしても使えます

使い方も簡単で、アプリで使用したい場合は、WebブラウザでAdobe fontにアクセスし、使いたいフォントをアクティベートするだけ(具体的な使い方は下記で紹介します!)。

また、Webフォントに使いたい場合もソースコードをダウンロードできるので、手順通りソースを追加するだけでサイトにも使えちゃいます。

ひとつ残念なのは、日本語フォントのウエイト(太さ)が充実していない点。

例えば、新ゴなどのスタンダードなフォントは通常「L〜U」といった太さのラインナップがあるのですが、Adobe Fontsでは1種類しか用意されていません。
権利の問題なのかわかりませんが、このウエイトが充実してくると鬼に金棒だと思います。

ですが、今の状態でもかなり使えるフォントが揃っていることは間違いありません。

欧文フォントの方はウエイトも充実していますよ!

使用条件

使用条件をまとめると、

・なんらかのAdobe CCアプリの契約で、追加料金ナシで全100種類の日本語フォント、約1600の欧文フォントが使える
・AdobeID登録(無料)で基本セット(日本語7種類。欧文の数は不明です。)が使える

例えば一番安い980円のフォトグラフィープランを使っていたとしても、Adobe Fonts収録の全てのフォントを利用することができます。

使用方法

これもめちゃくちゃ簡単です。
ここではPhotoshopでAdobe fontsを使う時の流れをご紹介します。

1)Adobe CCにログイン

2)Adobe Fontsにアクセス
https://fonts.adobe.com/fonts

3)日本語を使いたい場合はモードを切り替え

4)使用したいフォントをアクティベート

これでPhotoshopなどのアプリケーション上で使えるようになります。

管理はローカルではなく、ブラウザ上の「My Adobe Fonts」で行います。んー便利。

おわりに

思ったより簡単&直感的に使えてしまってびっくりしています。

ますますAdobeから離れられなくなりますね。
AdobeID登録(無料)のみでも使用できますので、気になる方は触ってみてください!

【サブ4への道】本格練習第3週:タイム設定がきつくなってきた!

サブ4を目指しての本格練習。
10週間あるうちの、第3週目が終わりました。

練習内容は、「限界突破マラソン練習帳」を参考にしています。
10週間でサブ4達成するための練習カリキュラムと、その具体的な理論を教えてくれる本です。

今回も前回と同様、ポイント練習は「ビルドアップ走」と「ロング走」。
しかし、そのタイム設定が結構キツくなってきましたよ!

ビルドアップ走

ビルドアップ走は5kmごとにスピードを上げていく練習です。

今回のビルドアップ走のタイム設定は、

キロ5分54秒→
キロ5分42秒→
キロ5分30秒

おっと、最後の5kmはサブ4ペースですねえ?

10km走ったあとにサブ4ペースで5kmも走れるんだろうか。
不安だったのですが、なんとかクリアできました。

かなり飛ばさないとクリアできないほどでしたが、なんとかなるもので。

ちなみに走る時は、こんなメモを持って確認しながら走ります(↓)。

僕はガーミンのラップを500m毎に設定していまして。1kmごとのラップ設定だとスピードの微調整が難しいので、500mごとにラップを取るくらいがちょうどよいと感じています。

で、「キロ5分42秒の場合、500mだと何分何秒で走ったら良いのか」、走りながらだと咄嗟に計算できなくなっちゃうんですよね。

なので、このメモが意外と大事なのです。

ロング走

3週目のロング走のタイム設定は「キロ5分55秒で120分」。

前回は90分だったのに、今回は120分! 長い!
しかも、タイム設定もキロ5秒早くなっています。

できるのか……?
と思ったのですが、なんとかクリアできましたね!

この日は穏やかな気候で、風がそんなにキツくなかったのも良かった。

しかし、このくらい走るなら何か聴きながらでも良いなあと感じました。
僕は走る時、基本的には音楽は聴かないのですが、やっぱり単調になりがちなので。

練習内容はどうやって決めているのか

練習内容はこの本をそのまま実践しています。

サブ4達成のためのカリキュラムが具体的に指示されています。練習内容が理論付きで丁寧に紹介されているので、納得感がありますよ!

「サブ4達成したいけどどんな練習をしたら良いかわからない」という人にはおすすめです。

おわりに

タイム設定がキツくなってきましたが、なんとかなるものです。
少しずつスピードが付いてきているのかもしれません。

いずれにしても、今までの練習とは全く質が違うので、「練習が効いている感」はすごいです。

週に3回も休みがあって、こんなに休んで良いのかな? とも感じるのですが、大事なのは質なのですね。

【糸島生活】畑のど真ん中にある「志登神社」で初詣

1月2日のこと、糸島は前原の畑や田んぼのど真ん中にある「志登神社」に初詣に行ってきました。

この神社、ジョギングをしているときに偶然見つけたんですが、本当に田畑に囲まれた一角にいきなり現れる神社なのです。

広い田畑にいきなり立っているにもかかわらず、遠くから見てもここだけ大きな木で囲まれていて、カモフラージュされているというか、地味に見つけづらいのが不思議です。

神社の周りはこんな感じ。のどかでとても良い。

「志登神社」の様子

入り口には背の高い2つの旗。

雰囲気ある。

到着した時間には、駐車場にそこそこの台数の車が止まっていましたが、すぐにその人達は帰ってしまい、あっという間に境内の中は閑散とした状態に。神主さんもおらず、ちょっと寂しい雰囲気でしたね……。

駐車場(というか空き地)も完備。

入り口にはお正月用のしめ縄。

敷地内は意外と広く、敷地内に小さな建物や灯籠などがポツポツ点在していました。

どうやら、元旦あたりにはおみくじ、福引、御朱印などの催し物もやっていたようで。時間帯を合わせれば、そのようなイベントに参加できるのかもしれません。

お参りする本殿は、鮮やかなブルーの布が掛けられていて、とても清々しく見えました。

ブルーの布が鮮やかで映える。

建物自体はどうやら数年前に建て替えられた新しいものらしく、どこもピカピカです。

ちなみに、2013年に更新されたサイトを見つけたのですが、この時はかなり年季入ってますねえ……。
http://www.genbu.net/data/tikuzen/sito_title.htm

社殿の中からは、平安時代みたいな曲がラジカセ的なものから流れてきました。

こちらは敷地内にあった、奇跡の木というパワースポット。木自体は倒れているのに、奇跡的に根っこは無事でそのまま生きているというものらしいです。

しかし、なぜ「パワースポット」っていう文字だけPOP体にしたのか……。急にありがたみが失われるわね……。

おわりに

結構な田舎にあるのに、入れ替わり立ち替わり人がやってきていたところを見ると、地元の住民に愛されている神社なのかもしれません。

にしても、この神社の周りには本当に田畑だらけ。
この抜けた雰囲気がたまらなく良いんですよね。

神社の向かいの風景。

人がたくさん集まる神社でのお参りも活気があって良いけど、こういう神社も田舎ならではで良いなあと感じます。