料理ができなくても、料理中に手伝えること。

初ぱくたそ。
初ぱくたそ。
奥さんや彼女、もしくは旦那さんや彼氏がご飯を作ってくれている時、あなたは何をしているだろうか。
料理ができないからと言って、テレビを見たりゲームをしたりして待っているだけだろうか。

料理をしないあなたにもできて、きっと喜んでもらえるお手伝いがある。
それは、「料理中に出た洗い物を片付ける」ことだ(※食洗機がない家に限ったお話)。

スポンサードリンク

料理中に片付ける

料理中には、いろいろな洗い物が出る。まな板・包丁・ボウル・計量スプーン・調味料を合わせた皿・鍋、フライパンなどなど。

ためておいて後で洗う場合、例えるなら「雑魚キャラの食器を数多く倒した後に、中ボスの鍋を倒し、油まみれのフライパンという大ボスを倒す」という状況になる。

トマトソースのパスタを作ることを想像してみよう。
まな板でベーコンやタマネギを切り、大鍋でパスタを茹で、フライパンでソースを作る。場合によっては別の鍋でスープを作るかもしれない。
この時点で「まな板、大鍋、フライパン、鍋」というボス級の敵が生み出されている。

これを食後に洗おうとすると、人数分の食器を倒した後に、大物を相手にしなくてはならない。汚れた大物が残っていると精神的に負担だ。

そこで、調理中に「使い終わったまな板」と「茹で終わった大鍋」を先に倒しておくとどうだろう。これだけでも食後の片付けがぐんと楽になる。

洗い物は一つでも少ない方が楽だと断言できる。大物はもちろんだが、調味料を合わせた小皿や計量スプーンなど、小さなものでも無い方が楽だ。
感覚として料理中に「隙あらば洗う」くらいの気持ちでいるのが丁度良い。ひとつずつなら丁寧に対応することもできる。

ウチは夫婦どちらとも料理は好きなのだが、二人いるときはだいたい一人が料理をして、一人は片付けに回ることが多い。そうすることで、食後の洗い物は最低限になる。

まとめ

料理のうまい人は片付けながらやるのだろう。が、自分はそこまで手際がよくないので、同時に片付けを進行してくれるととても助かるし、キレイな台所で料理をするのは気持ちがよい。

手の空いている人が少し手伝うだけで、食後の片付けはとても楽になると思う。結構オススメ。

ちなみに一人で料理するときでも、まな板だけでも先に倒しておくと良い。まな板が置きっぱなしだと見た目的に場所取るからかな。

最新情報をチェックしよう!
スポンサードリンク