【簡単】風邪でダウン。喉が痛くて食欲がない時の、かぶのスープが涙がでるほど美味い。

151018-kabu-soop

昨日、38度オーバーの熱が出てダウンしました。
全身がだるく、特に猛烈に喉が痛くて食欲もなく。

そんな様子を見て、奥さんがかぶのスープを作ってくれました。

これがポタージュ系のスープでとても飲みやすい。喉が痛くても流し込めます。このずぶずぶした中に栄養が染み込んでいる気がしますね。
これが弱った体に染みこむようでありがたやありがたや…。

とても美味かったので、作り方を聞いてみました。

スポンサードリンク

かぶのスープのつくりかた

材料:かぶ5個・たまねぎ半分・コンソメ2個
(かぶ5個使うと、お椀に6〜7杯分は作れます。)

1)たまねぎとかぶを切ります。両方ざく切りでOK。かぶの葉はカット、皮はむきません。

2)玉ねぎを鍋に入れ、オリーブオイルで炒めます。

3)玉ねぎが透明になったら、かぶを投入。

4)水をひたひたぐらいに入れて煮込みます。コンソメも入れます。

5)柔らかくなったら、ブレンダーでポタージュ状にします。

6)牛乳を適量入れて煮込みます。完成。

コンソメで味はついていますが、お好みで塩を入れるといいです。
胡椒をパラパラするとまたいい香りです。

これは風邪で食欲がない時、特に喉が痛い時にはとてもいいですよ。
 
 
風邪の時には雑炊も良いですね(↓)。
[nlink url=”https://www.nmrevolution.org/blog2/2015/06/cooking-zosui/”]

最新情報をチェックしよう!
スポンサードリンク