【福岡旅行記】札幌出身の私から見た福岡。超絶便利で魅力が詰まったコンパクトシティ。

12月12日(土)〜14日(月)で福岡旅行に行ってきました。
福岡は学生のころに行ったきりなので20年弱ぶりでしょうか。
今回は都心部の散策と、レンタカーを借りての糸島方面の観光です。

地方都市の中で今一番勢いがある福岡。とても面白い街でした。
同じく地方都市である札幌出身(現在東京在住)の私が見た福岡はこんな感じでした。

スポンサードリンク

なんといっても都心部のコンパクトさがスゴイ

151214-fukuoka-07

よく言われますがなんといっても都心部がコンパクトなことに驚かされますね。
空港の近さがまず異常。中心部の博多駅まで5分ってなにごと…。

羽田も便利になってきたとはいえ、この立地にはかないません。
札幌はといえば新千歳空港から都心部までは電車で50分ほどかかります。

空港は遠くて当たり前というイメージしかありませんでしたが、福岡空港を一度体験するとかなりのカルチャーショックを受けますね。
これは地方都市としては、かなりのアドバンテージではないでしょうか。

博多と天神が近い

さらにオフィス街の博多と、飲み屋やショッピング街が集まる天神がまた近い。中洲を挟んで全然歩ける距離です。
博多と天神の関係は、札幌で言うと札幌駅と大通りの関係に似ていますね。

中心部に施設が密集しているので、買い物は博多周辺に行けば一発で済んでしまいます。
この一カ所で全部済むという感覚は、札幌も同じです。

関東では横浜駅周辺に似ているなあと感じました。
東京だと専門店が集まって街を作っているので、意外と一カ所で用事が片付くことって少ないのですよね。

スポーツ施設が都心部にある

ヤフオクドームは唐人町という、天神から二駅の駅から歩けます。あのバカでかいドームが都心から二駅です。
サッカー観戦でいうと、アビスパ福岡のホームであるレベルファイブスタジアムはこれまた都心から二駅の福岡空港駅から歩けるようです。もうなんなの!という感じですね。

ホテルの向こうにヤフオクドームがちらっと見えます。この辺りは埋立地。
ホテルの向こうにヤフオクドームがちらっと見えます。この辺りは埋立地。

札幌に関して言うと、札幌ドームは地下鉄の始発の福住駅にあります。つまり都心部からは町の端まで移動しなくてはなりません。
サッカーは札幌ドームもしくは厚別競技場での開催ですが、厚別も都心からはアクセスがよくありません。

関東では野球は東京ドームのアクセスは良いですが、サッカーを観ようと思ったら、調布の味スタ、埼玉の浦和、大宮、千葉のフクアリなどなど、どれも相当移動時間がかかります。

野球、サッカー観戦という意味では完全に福岡最強です。福岡はスポーツ観戦も気軽に楽しめますね。

さらに年一度ではありますが、大相撲の観戦が可能です。巡業ではなく九州場所です。

地下街がオシャレすぎる

天神地下にある「てんちか」。僕はこんなにオシャレな地下街を見たことがありません

地下街といえば明るくてきらびやかなイメージでしたが、ここは黒色のシックなイメージで統一されています。
天井は軽くアーチ状になっていて装飾が施されています。とても美しい。びっくりしますよ。

てんちかは綺麗すぎて驚きました。センスいいわー!
てんちかは綺麗すぎて驚きました。センスいいわー!

位置関係的には天神から南に伸びています。博多と天神は地下道では繋がっていないようです。
ちなみに札幌では札幌駅から大通りまで移動できます。これがとても便利だったりします。

都心部の道が広い

都心部の主要国道の広さが異常です。
街を東西に走る昭和通りは片側4車線もあります。歩道も車道の2車線くらいあるんじゃないの?ってくらい広い。開放感が半端ありません。

片側4車線。
片側4車線。
歩道もめっちゃ広い。
歩道もめっちゃ広い。

道の広さ的には札幌も負けてないと思っていましたが、都心部に限って言うと福岡に軍配があがるのではないでしょうか。

ちなみに、レンタカーを借りて県内を運転したのですが「福岡の車の運転は荒い」という噂を聞いていて実は心配していていました。が、全くそんなことはなく、とても快適に運転できました。

食のブランドが確立している

もつ鍋、水炊き、ラーメン、めんたいこ…。
観光客にしっかりアピールできていると思います。
今回は何を食べても美味かった!

絶品でした。
絶品でした。

食べ物は札幌も負けていません。ジンギスカン、寿司、ラーメン、海鮮などなど。
そこでしか食べられないものがあるというのは強いですね。

接客の良さが異常

今回、コンビニ、レンタカー、飲食店などなど、色々と店員さんと接する機会がありましたが、接客のクオリティが関東に比べると雲泥の差です。
これは札幌も同じく、コンビニなんかでも感動するレベルの店員さんも結構いたりします。

一言で言うと愛想が段違い。
もちろん関東でも気持の良い店員さんはたくさんいますが、地方都市の方が気持のよい接客を受ける確率が極めて高いです。

関東に住んでいると、無愛想な接客を受けても「こういうものだ」とあきらめ半分で、もうそれが当たり前に感じる自分がいたりしますが、今回の旅行では本当にみんな気持ちのよい対応をしてくれて、色々と思うところがありますね。

自然の近さ

中洲でレンタカーを借りて糸島半島の方へ足を伸ばしたのですが、20分ちょっとで糸島半島の入り口まで到達することができました。

糸島とは海がめっちゃキレイで、オシャレなカフェやレストランなんかもある、東京で言うと鎌倉のような場所にあたります。あんなに栄えてはいないけども。

糸島のおされカフェ。
糸島のおされカフェ。

糸島は白い砂の砂浜がキレイで雰囲気が最高です。しかも人はほとんどいないので、思う存分ゆっくりと楽しむことができます。

おわりに

今回の旅行で、福岡はお気に入りの都市のひとつになりました。

住んでいる人も観光客も楽しめる素敵な街だなあと感じました。
実際に街を見てみて、最近勢いがある理由がなんとなく分かった気がします。

いやー、面白いぞ福岡。

最新情報をチェックしよう!
スポンサードリンク