土屋鞄の長財布「ユニックロングウォレット」使用開始から1年経過。経年変化具合を大公開!

150103-tsuchiya01

土屋鞄のシンプルで無骨なところが大好きで、「ガジェットツールBOXショルダー」という小さなカバンと、「ユニックロングウォレット」という長財布を愛用している。

その土屋鞄の長財布「ユニックロングウォレット」を使い始めて約1年。
いい感じのツヤや傷が付いてきて、味が出てきた。

スポンサードリンク

ユニックロングウォレット

外観はしっかりした革で、割と無骨。
触れる度に手に馴染んでいく気がして嬉しい。

財布を囲むように入っている、クリーム色の大きなステッチがまたいい味を出している。

この財布は、内側の仕切りの革がとても柔らかいのが特徴。すごく触り心地が良い。
仕切りは4箇所もあるのだが、革が薄いので意外とかさばらない。
この仕切りの多さのおかげで、各人に合った使い方ができるだろう。

ちなみにこの財布は購入当時「ユニックロングウォレット」という名称だったが、2014年12月からは「ユニックリベルタ ロングウォレット」という商品名で販売されている。

本店で話を聞いたのだが「ユニックロングウォレット」には、京都店オープン記念の刻印が入っている。
オフィシャルサイトの写真を見る限り、後発の「リベルタ」に刻印は無いようだ。

経年変化を大公開!

ここで、購入後1年を経過した変化具合を写真にてご紹介。
(自分は財布に付いている小銭入れは使わない派なので、小銭入れ周りの変化は参考にならないと思う。)

外観。全体的にてかりが出てきていい感じ!
外観。全体的にてかりが出てきていい感じ!
味が出てきたなあ。
味が出てきたなあ。
内側は意外とまだキレイ。
内側は意外とまだキレイ。
内側には京都店オープン記念の刻印。
内側には京都店オープン記念の刻印。
ガジェットツールBOXと一緒に。
ガジェットツールBOXショルダーと一緒に。いいコンビ!

→「ガジェットツールBOXショルダー」の経年変化のエントリーはこちら

最新情報をチェックしよう!
スポンサードリンク