良質な睡眠のためには、寝る前にTVやスマホはNG。では何をする?

先日レビューした「神・仕事術」で睡眠のことについて書かれていました。

朝、フルスロットルで仕事をするためには良質な睡眠が大事。
午前中のハイパフォーマンスタイムと睡眠はセットです。

[nlink url=”https://www.nmrevolution.org/blog2/2017/08/book-kami-jikanjutsu/”]

良質な睡眠のためには、寝る前のTVやスマホはNG。
自身が発光するデバイスはダメなんだそうです。

えー。TVもスマホも、寝る前には楽しみにしているものの一つだったんですが。
目的を持って観るTVやSNSは良いみたいですが、漫然と見るTVやスマホは認知症のリスクも上がるとのこと。

では、発光体を見ないで何をするか。

読書でしょ!

でも寝る前にビジネス書を読む気にもならないしなあ、久々に小説を読むことにしました。
こう見えて昔は活字中毒で、文庫本が手元にないと落ち着かなるほどでした。

紙の文庫本ではなくKindleで読みます。しばらく使っていなかったkindle招集です。
Kindle、発光体でしょう?って思ったのですが、バックライトをオフにすると光りません。

▼公式より

Kindleは実際のインクを使用しているため、紙の本と同じようにくっきりとした美しい文字を表示します。タブレットのように強い光を発することなく、常に周辺環境と同じ自然な明るさになるため、目が疲れにくく、長時間でも快適に読書を楽しめます。

「実際のインク」をどう使っているのかよく分かりませんが、すごい技術ですね。
ここ数日使っていますが、確かに目が疲れにくい。フォントも自然で、読むことに没頭できます。

そんなわけで、寝る前は小説を読んで過ごしています。今はお気に入りの伊坂幸太郎を。
しばらく小説からは離れていたので、なかなか新鮮。

問題点は面白すぎて、ついつい読みすぎてしまうことでしょうか。

最新情報をチェックしよう!
スポンサードリンク