クリックポストのハマりポイント

初めて郵便局のクリックポストを使いました。

追跡機能が付いて、全国一律料金。
CSVで送付先も一気に登録できるとのこと。

大量に送る必要があったので、これは便利! とクリックポストを使ってみることにしました。

サクッと送付先伝票を作ってプリントアウトすれば完成! と思っていたのですが、実際に作業をしてみると、相当に手間取りました

クリックポストは、基本的に使い勝手のよいサービスだと思います。
ですが、大量に発送するときに気をつけたい、いくつかのポイントがあります。

私がつまずいた4点を紹介します。

スポンサードリンク

1)CSVの文字コード

クリックポストには、まとめて送り先を登録できる機能があります。
CSVでリストを作ってアップする仕組みです。

早速CSVを作ってアップしたのですが、「読み込みエラー」が出て、読み込みできませんでした。

エラーは「読み込みエラー」としか表示されません。
何が悪くてエラーなのか教えて欲しい……。

調べた結果、CSVの保存形式が問題でした。

※エクセルの保存形式を「CSV(カンマ区切り)」で書き出せばOKでした(utf-8のCSVはNG)。

CSVって普段からそんなに使うものではないので、もう少しエラーの出し方を工夫してほしい……!

2)1件ずつ決済しないといけない

クリックポストは、Yahoo!ウォレットかAmazonPayで送料の決済を行います。

私はAmazonアカウントでログインしたため、支払いはAmazonPayで行いました。

手順として、住所の登録が終わったあとに、送料の支払いの設定を行います。

その支払いボタンにトラップが。
送り先1件に対して、支払い設定のボタンが1つ用意されています。

しかし、まとめて決済することができないのです。
100件送り先があったら、100回ボタンを押す必要があります。

しかも、1回ボタンを押すごとに「AmazonPayの支払いクレジットカード設定画面」に遷移します。
毎回、数秒の読み込み時間が発生します。これがまた地味にストレス。

修行のように、ひたすらボタンを押し続けました。

なんらかの理由で、それぞれ別々に支払い設定を行わないといけないのでしょうが、現代のテクノロジーでまとめて行えないものでしょうか。

3)まとめて「再印字」ができない

クリックポストでは「送り先の登録&支払いの設定」を行うと、送り先伝票を印字できるステータスになります。

伝票の印字は、20件分まとめてPDFに書き出すことが可能です。
「まとめて印字」という機能です。

便利だね。
と思ったのですが。

初めて20件の「まとめて印字」を行った際に、ブラウザ(Chrome)のポップアップブロックが発動しました。

結果として、生成されるはずだったPDFは開かず。しかも、まとめて印字されるはずだった20件のリストは「印字済み」となってしまいました。

印字済みになっても、「再印字」が可能なので、再度PDFを作ることができます。
よかったよかった、と思ったのもつかの間。

再印字はまとめて行うことができません
つまり、20件の再印字は1件ずつ行う必要があります。

1件ずつ印字すると、A4の用紙1枚に対して1件の伝票しか作ることができません。
私は印刷代金を節約するためにまとめて印字したかったため、再度CSVをアップロードしてやり直しました。

ポップアップブロックは、ブラウザのデフォルトでONになっているはずです。
ここにも注意書きが欲しかったなあ。

4)リストから送付先を削除することができない

上記の続きです。
再度CSVをアップロードしたのは良いのですが、リストに住所が重複してしまいました。

マイページのリストからは、登録した住所一覧を削除することができないのです。

結果として、同じ宛先のリストが2つ存在することになりました。

問題になるのは、送り先の相手に正しい追跡番号を伝えるために、どちらの伝票を使ったのかを把握しておく必要があることです。

発行した伝票をリストから削除できてしまうと、なんらかの問題が起こるのでしょう。であれば、「使わないリスト」に入れておけるなど、操作ができると嬉しいと感じました。

※ちなみに、伝票は使わなければ課金されず、キャンセル操作も必要がありません。必要ありません、というかできないので放置するしかありません。

おわりに

クリックポストは、郵便局で支払いする必要がないし、追跡機能もついているし、ポスト投函もOKだし、とても使い勝手がよいサービスだと思います。

マイページがもう少し使いやすければ、言うことなしです!

最新情報をチェックしよう!
スポンサードリンク