美味しい米の炊き方。土井善晴の「洗い米」がすごい!

  • 2017年1月22日
  • 2018年10月3日
  • 料理

米の炊き方。確か僕は親に教えてもらったと思います。
そのやり方に疑問を持ったことはありませんでした。

今までのやり方というのは、

炊飯器の釜に米を測り入れる→
その釜の中で米を研ぐ→
研ぎ終わったら水を入れてしばらく放置→
炊飯スイッチを入れる。

というもの。

これで十数年やってきました。

だいたいの人がこの炊き方ではないでしょうか?
僕の親もこんな感じでやっていましたし、ウチの奥さんもほぼ同じやりかたでした。

ですが、実はこの炊き方は良くなくて、もっとおいしく炊く方法があるというのです。

そのやり方を理由付きで説明してくれるのがこちらの動画。
料理家・土井善晴さんの「洗い米 特別公開」という動画です。

10分ほどの動画ですが、淡々としながらも軽快なその口調で、あっという間に見られると思います。

「米は乾物。水に入れた途端に吸収がはじまる」
「水に入れて放置すると雑菌が繁殖する」
「寝る前にタイマーで放置するとどれほどの雑菌になるか」
「米のコンディションを良い状態に整えるのが、この洗い米」

などなど、米の特性を生かした、準備の仕方を教えてくれます。

というわけで、ウチでも早速やってみました。

スポンサードリンク

実践・洗い米

ざるで米を研いで、研ぎ終わったら40分ほど放置。

驚くのが、放置しておくと米のかさが増えること。
湿った米が水を勝手に含んでくれて、体積が増えます。2合の米が2.5合くらいにはなります。

こんな感じで放置します。
こんな感じで放置します。

この時点で米はサラサラ。白っぽくなり、明らかに状態が変わります。

40分放置したら、米の量を測りながら炊飯器へ移します。

ウチではプラスチックのカップを使っています。
米をカップで炊飯器に移す理由は、米と同量の水を入れるために、米の量を計測する必要があるためです。

米を炊飯器に移したら、水を入れます。
水は前述のとおり、米と同じ分量を入れるだけ

カップに3杯米を入れたら、水も3杯。
だいたいの目見当で大丈夫です。

炊飯器の内側の目盛りは気にしません

炊き方は急速炊きでOKです。

炊きあがり。
炊きあがり。

では早速いただきます。

おおーうまい!
明らかに米の質感が変わっています。総合力が上がった感が半端ありません。割烹なんかで出てくるご飯感がすごい

この米だと、松前漬けとか、たらことか、ごはんですよとか、ごはんの友だけでどんどんご飯がいけますね。エンドレス白米…。

和食にめっちゃ合う。
和食にめっちゃ合う。

さらにすごいのは、冷凍したご飯がおいしいこと。
僕は冷凍ご飯の方が違いをより感じられました。

冷蔵庫で放置する方法も紹介されているので、「朝起きてすぐにご飯を炊きたい」というニーズにも応えられます。

この動画を知ってから、ウチではいつも洗い米でご飯を炊くようになりました。もうこの炊き方以外はあり得ません!

米を研いで放置するだけなので、面倒なことはひとつもありません。
炊きたてご飯が美味しすぎるので、食べすぎてしまうのが問題点でしょうか。

主食である米が美味しいことだけで、幸せなことだなあと改めて感じさせてくれる洗い米でした。
ぜひお試しください!

最新情報をチェックしよう!
スポンサードリンク