1年前のシューズでゆっくりラン。ソールの厚さの違いを感じるよい機会になりました。

1週間の福岡滞在から帰京した翌日の日のこと。

旅疲れもあるので、調整程度のゆっくりランをすることに決めました。

ところが、手元にシューズがないことに気が付きました。

それもそのはず。福岡にラングッズを持っていったのですが、帰る際に、そのラングッズをまとめてトランクに入れて郵送していたのでした。

その荷物がまだ届いておらず、いつも使っているシューズがないというわけです。

せっかく走る気になっているのに、さてどうするか…。

おおそうだ。よく考えてみると、靴箱に1年前に履いていたシューズがあるではありませんか。
そんなわけで、ゆっくり走る調整ランということもあり、1年ぶりに前のシューズを履いてみます。

1年前に履いていたシューズはこちら。
GELFEATHER GLIDE2-slimというシューズです。

GELFEATHERを購入した時の記事はこちら。NEW YORKからの履き替えだったんだなあ。

[nlink url=”https://www.nmrevolution.org/blog2/2015/04/asics-gel-feather/”]

1年ぶりに履いたシューズは、思ったよりソールが厚く感じました。
1年前はまだこのくらいの厚さのシューズを履いていたんだなーとしみじみ。

今はこれより薄いソールの靴で走れているので、それなりに走力はついているのでしょう。

本日はキロ6分40秒のペースで、6.5kmほどのゆっくりラン。
思ったより気温が低かったので、快適に走ることができました。

今回は、たまたま現シューズがなかったので1年前のシューズを履いてみましたが、ソールの厚さの違いを感じるよい機会になったと思います。なかなか面白い体験でした。

最新情報をチェックしよう!
スポンサードリンク