「固そうで食べにくそう……」と敬遠していてごめんなさい。久留米発の「あいすまんじゅう」が、めちゃくちゃ美味かった。

  • 2018年10月7日
  • 2018年10月7日
  • ライフ

あいすまんじゅう。ご存知でしょうか。
福岡県久留米にある「丸永製菓株式会社」が製造しているアイスです。

あいすまんじゅうは、福岡のスーパーに行くと必ず売っていて、ずっと気になっていたアイスなのでした。パッケージに「九州名物」と書いてあります。

全国的に発売しているようですが、東京にいるときはあまり見かけなかった気がします。

福岡に移住してから、ずっと気にはなっていたのですが、実はちょっと敬遠していました。

理由はちょっと食べにくそうなアイスであること。
カチコチで固そうだし、ぼとぼと落ちそう
僕は前歯が差し歯なので、買うのを躊躇していました。

スポンサードリンク

敬遠していたあいすまんじゅうを食す

ですが、先日スーパーに行った際に、5個入りのあいすまんじゅうが4割引で売られていて、ついつい買ってしまったんですね。

早速、その日の夕飯のあとに食べてみたのですが……。

ん……?
おお……?

これ、うまくね……??

意外や意外。これがとっても柔らくてめちゃくちゃ美味しい。ぜんぜん固くない。

固そうに見えて、ぜんぜん固くない。

ソフトクリームを凝縮した感じというか、ちょっとねっとりとした食感で、とろっとしつつふんわり感もある。
あれ、これは普通のアイスじゃないぞと。

アイスの中には、つぶあんがこれでもかと包まれています。

このつぶあんがアイスとよく合うんですね。
パッケージに書いてある「冷たい和菓子」というキャッチフレーズにも納得の和風感。

さらに、なぜだか溶けづらいので食べやすい
ずっしりとした重量があるので、ぼとぼと落ちるのを覚悟していたのですが、全くそんなことはなく、最後まで快適に食べることができました。色んな技術が詰まっているのだろうな。

昭和37年からのロングセラーらしいのですが、長い間支持され続ける理由がわかった気がしました。これは愛される。

通常のバニラ味のほか、「抹茶、和栗、あまおう、さくらんぼ」など、味の種類も豊富です。他の味も食べてみないといけませんね。

というわけで、あいすまんじゅう、想像以上に美味しくて感動しました。
食わず嫌いはよくないと反省。

最新情報をチェックしよう!
スポンサードリンク