思っていた10倍簡単! 刺し身のサクで作るごまだれ海鮮丼。

私が住んでいる福岡(糸島)では、近所のスーパーで刺し身のサクが安く手に入ります。

今の時期、特に安く買えるのが、「ヤズ」「ヒラス」という魚。
大きめのバナナくらいのサイズのサクが、200円くらいで買えてしまいます。

相当ガッツリ食べられるので、夕飯に出すとかなりの満足感。

このサクを使って美味しく食べられるのが、ゴマダレの海鮮丼。
炊きたてご飯に乗せて食べるのが最高です。

刺し身を切って、調味料と和えるだけなので、めちゃくちゃ簡単。
しかも一人100円ちょっとしかかからないので、相当リーズナブル。

最近よく作るレシピをまとめておきます。

スポンサードリンク

材料

刺し身のサク(ヤズ、ヒラス)1本
ごま:大さじ2
醤油:大さじ1.5
みりん:大さじ0.5
砂糖:小さじ0.5
焼きのり:適量

作り方

1)ごま大さじ2を、すり鉢ですります。

2)しょうゆ大さじ1.5、みりん大さじ0.5、砂糖小さじ0.5をすり鉢に入れてよく混ぜます。

3)刺し身のサクを切ります。厚めに切ると、贅沢感がすごい!

4)刺し身をすり鉢に投入して、よく和えます。

5)炊きたてご飯を丼によそい、焼のりを手でほぐして白米の上にパラパラとふりかけます。

6)その上に刺し身を乗せて完成

雑感

少ししょっぱめの仕上がりですが、ご飯と一緒に食べるとちょうどよいです。
このままでも美味しいのですが、お好みでしそやネギなどの薬味があると、より良いですね。

海鮮丼、しかもごまベースの味付けは、なんとなく難しいイメージがあったのですが、想像以上にラクラク。
調味料を作って、刺し身と和えるだけ。
あまりに簡単なので、料理初心者の私でさえ、汁物を作る心の余裕が生まれます。笑。

最新情報をチェックしよう!
スポンサードリンク