鋭角カッターの使い心地を知ると、 もう元には戻れない

鋭角のカッターをご存知でしょうか?

文字通り、通常のカッターに比べて刃先の角度が鋭いカッターです。
角度は30度。通常のカッターは45度くらい?

これがめちゃくちゃ使いやすいのです。
一度、鋭角カッターを使うと、もう通常のカッターには戻れません。

角度が鋭いので、小回りが効いて細かい作業がしやすい。
定規をあててカッティングする時も、接地面が見やすい。
何より使った時のフィーリングが良い。

「そんなに変わらんだろう?」と思われるかも知れませんが、使いやすさは歴然。
例えるなら「丸まった鉛筆と削りたての鉛筆」の違いと言えば良いでしょうか。

普段のちょっとした作業がアップデートされる、素敵文房具なのです。
使っていて気持ちがよい道具って良いですよね。

このカッターと出会ったのはいつだったっけ。
確かデザインの勉強をしていた学生の頃に、先生にオススメされたのだったかな。

ただ、やや特別感があるカッターなので、コンビニや本屋に併設された小さな文具コーナーなどには置いていません。
ハンズなどの大きな文房具屋さんにしか置いてないかもしれません。今の時代だとネット通販でサクッと買ってしまう方が早そうですね。

私が愛用しているのは、NTカッターの「AD-2P」。
もちろん、カッターメーカーの大手、オルファにも鋭角カッターのラインナップがあります。

鋭角カッター、オススメです。

最新情報をチェックしよう!
スポンサードリンク