【大濠公園ランチ】パスタ屋さん「らるきい」。看板メニューのペペロンチーノ+たまご「ぺぺたま」を食べてきた!

本日は用事があり、大濠公園にやってきました。
ちょうどお昼どきだったので、大濠公園にてランチにします。

前から気になっていた、パスタ屋さんの「らるきい」に行ってきました。

スポンサードリンク

らるきい

ちょうど12時に到着。店内はすでにほぼ満席です。
ホールはめっちゃ忙しそうで、若干殺伐とした雰囲気。

中に入ると、僕に気づいた店員さんに「外でお待ちください!」と追い出されるように外へ。忙しいのはわかるが、ちょっと愛想がないぞ…。苦笑。

外には行列用の仕切りがあって、そこで待ちます。
2分ほどで呼ばれました。はやw

店内の席はいくつか空いているようでしたが、2名や4名の大きめの席は空けておきたいらしく、大きなテーブルに相席になりました。向かいには還暦くらいのおっちゃん二人組。

大きなテーブルで相席。

お店は真ん中にガラスの仕切りがあり、入り口側には僕が案内された大きなテーブルと数席、仕切りガラスの奥にも数席。さらにその奥には厨房というレイアウト。なぜガラスで仕切られているのかは分かりません。

メニューを眺めます。パスタメインのラインナップ。
「ぺぺたま」という、ペペロンチーノとたまごを合わせたようなパスタが人気なのだとか。それを食べたかったのです。

ぺぺたま!

早速ぺぺたまを注文すると「ちょっと辛めですが大丈夫ですか?」とのこと。

わざわざ進言してくれるということは相当辛いのかな…?
辛さ抑えめにもできるようで、辛いのが苦手なので抑えめでお願いします。

今回頼んだのは単品でしたが、ランチのセットメニューは、サラダとパンとスープがついて900円ほどとリーズナブル。ボリューム的にはセットの方が良さそうです。

待ちながら店内を眺めていると、既に第一陣のお客さんは支払いを終えて帰り始めていました。
12時15分くらいになると、ちらほらと席にも空きが出てきました。タイミングだなあ。
12時半には余裕で座れるほどに。

ぺぺたま

10分弱でぺぺたまが登場!
結構大きな器に盛られています。黒い器がカッコイイ。

とろとろの溶きタマゴと、つるっとした麺が絡んでいる一見シンプルなパスタ。

いただきます。

麺はかためで、つるつるっとして美味しい。

ソースの方は唐辛子の風味をまとった、半熟のたまごソース。
なんとなく和風の味も感じます。とても独特な味だけど、とてもおいしい。

とろっとしたたまごソースが麺によく絡みます。
辛さ抑えめにしてもらったので、辛さには問題なし。というか、ほとんど辛さは感じませんでした。

ソースには、厚めのにんにくスライスが具のように入っています。はじめ、ベーコンかな?って思ったくらい。にんにく、結構効いています。

たまごソースの量はたっぷりで、パスタを食べ終わった後に器に残ったソースをスプーンで何回もすくって食べられるほど。

量はそこまで多くないので、ぺろっと行けてしまいました。
食べ盛りの方は、大盛りが良いと思います。

ごちそうさまでした。

ぺぺたま、初体験な味で美味しかったです。
ぺぺたまを頼んでいる人が周りにはちょっと少な目でしたが、他のメニューも美味しいということでしょう。

せかせかした店員さんもいたけど、全体的には丁寧な接客で居心地は悪くない感じでした。

今度は、パンもサラダもついてくる日替わりランチも良いかなあ。

ごちそうさまでした。

「らるきい」
福岡県福岡市中央区大手門3-7-9
https://tabelog.com/fukuoka/A4001/A400104/40004202/

最新情報をチェックしよう!
スポンサードリンク