【中洲川端飲み】「鯖郎」で鯖づくしの料理を堪能!100種類ある日本酒の豊富さも嬉しい。

東京からお友達が遊びに来てくれました。

もつ鍋、水炊き、ごまさば、ラーメンと、福岡は美味しいものがいっぱいあるのですが、「魚を食べたい」というリクエストにより、鯖がおいしい「鯖郎」に行ってきました。

前にも一度行ったことがあるのですが、「鯖郎」は鯖料理に特化したスゴイお店なのです。

スポンサードリンク

鯖郎

最寄り駅は中洲川端。ビルの5階に入っています。
エレベーターで上がりましょう。

席は基本的に個室なので、周りのざわつきも気にならないのがまた良いところ。落ち着いて飲み会ができます。

「鯖郎」というお店の名前の通り、鯖料理がメイン。メニューにはこれでもかと鯖が並びます。

メニューの中で目を引くのが「ハーブ鯖」。
ハーブをエサにしたちょっと変わった飼育方法で育てられた、くさみのない鯖なのだとか。もうネーミングだけで美味しそう感あります。

こちらは1年ほど前に行った時の写真(今回は写真撮り忘れ…)

今回も鯖料理を堪能してきました。
それではこの日に食べた料理をダイジェストで!

鯖のおつくり

薬味多めなのも嬉しい。

刺身、ごま鯖、炙り、と鯖一匹が堪能できる盛り合わせ。

刺身は少し薄めだったけど、結構な歯ごたえ。もう少し厚い方が楽しめるかもと思ったけど、このくらいがベストなのでしょう。

炙りの方は少しとろみが出る印象。
ごま鯖はやや厚め。ころころにカットされていて、甘い胡麻だれがよく絡んでさすがに美味しい。

お皿の上に乗っている鯖の骨は、あとで鯖せんべいにしてくれます。
この鯖せんべい、骨も頭も全部食べられます。じっくり火を通して揚げるからでしょうか。ザックザクで香ばしくてとても美味しい。だがしかし、ちょっと胃もたれする感ある。
調理に20〜30分かかるので、お腹が膨れた頃にやってくるボスキャラ

あとから出てくる鯖せんべい。

鯖コロッケ

アツアツ鯖コロッケ。

鯖の粗いすり身を丸めて揚げたコロッケ。コロッケ自体にも結構味がついていますが、塩でいただきます。
中身はほとんど鯖。じゃがいも感はありません。揚げたてなのでアツアツすぎる。

鯖サンド

見た目に反して、結構軽い印象のサバサンド。おいしい。

これ絶品。
焼いた鯖と揚げた鯖の2種類が堪能できます。トマトとレタスが挟んであるサンドイッチ。

パンは耳の部分がもさもさしそう…と身構えていたけど、意外とパリパリ。そしてパンの中はふんわり。
食感もとてもよくて、鯖との相性バツグン。これは是非食べて欲しい。

明太たまごやき

ふわふなんだよなあ。

これは鯖ではないのですが、オススメの一品。
ふわふわの食感のだし巻きたまご、明太子がどーんと包まれています。マヨと大根おろしとの相性も抜群。これも是非食べてほしい。

銀杏

食べごたえのある銀杏。

つまみに頼んだ銀杏。大ぶりでとてもおいしい。
ビジュアル的には塩の絨毯はすごいけど、ちょっともったいない感ある。

日本酒がオススメ

あと、ここのお店、日本酒の種類が豊富です。100種類以上あるのだとか。たくさんありすぎて選ぶのにもひと苦労。
メニューにはそれぞれお店の方が書いたコメントが付いているので、それを読みながら決めましょう。

半合から頼めるので、色々と飲み比べするのもよいですね。

ごちそうさまでした

これで結構お腹いっぱいになりました。
鯖せんべいが時間差で出てくるので、それが最後に効いてくる感じ。

3人でこれだけ食べて、ビール中瓶1本、日本酒2合で1万円ちょっと。
この日、私は車だったので、ウーロン茶2杯で。
このクオリティでこの値段は、なかなかリーズナブルなのではないでしょうか。

今後、福岡で鯖といえば、まずここが候補になりそうです。
ごちそうさまでした。

「鯖郎」
福岡県福岡市博多区中洲5-5-9 サンゴールデンビル 5F
https://tabelog.com/fukuoka/A4001/A400102/40036305/

最新情報をチェックしよう!
スポンサードリンク