【ズボラ料理】糸島は、しいたけもすごい。甘いさしみ醤油とバターで焼く、しいたけステーキが最高。

糸島の野菜はでかくてめちゃくちゃ美味しいので、移住してから格段に野菜を食べる量が増えました。
移住してからもうすぐ1年になりますが、いまだに野菜の美味しさには感動します。

で、で。野菜もスゴイですが、糸島はしいたけもスゴイのです。

しいたけ…?とバカにするなかれ。

サイズも厚さもレベルが違います。
ヘッドホンの耳あてかな?ってくらいのしいたけが3つで200円くらいで買えちゃったりします。

小さいサイズのしいたけでも相当肉厚。1袋にゴロゴロ入っています。あれは見るだけでテンション上がりますね。
特に良い感じのしいたけが買えるのは、やはりおなじみ伊都菜彩。ここで売っているしいたけは格が違います。

さて、そんなしいたけ。
最近のお気に入りでオススメの食べ方は、さしみ醤油とバターで焼くしいたけステーキです。

ポイントはなんといっても「さしみ醤油」

さしみ醤油は九州の独特の醤油で、甘みがあるのが特徴です。
関東ではあまり馴染みがないかもしれません。僕も糸島に来て日常使いするようになりました。
九州でお店に行くと、だいたいさしみ醤油と普通の醤油が用意されていますね。

この甘みがしいたけにめちゃくちゃ合うのです。
それに加えて、バターのふんわりした香りがたまりません。
肉厚でじゅわっとした甘み溢れ出ます。
日本酒、ワインにもよく合います。

オススメのさしみ醤油は、糸島の醤油醸造元の「ミツル醤油」!
ネットでは楽天でしか取り扱いが無いようでした。
リンクを貼っておきます。

ちなみに、しいたけの旬は3~5月の春と、9~11月の秋と2回なのだとか。
今シーズンはもうしばらく食べられそうかな。

家で食べる食べ物が美味しいというのは幸せなことです。
うんうん。

最新情報をチェックしよう!
スポンサードリンク