【赤坂(福岡)ランチ】「いっかく食堂」でハンバーグとカニコロッケ定食。レベルが高すぎの定食屋さん。

赤坂(福岡)にある定食屋さん「いっかく食堂」に行ってきました。

口コミの評判が高かったので、期待して行ったのですが、いやー、ここはすごかったです。期待以上のお店でした!

福岡のランチはレベルが高いですが、ここは頭ひとつ抜けているのでは?

スポンサードリンク

いっかく食堂

お店の場所は、赤坂駅から南へ10分ほどの警固(けご)というところ。
大きな通りから一本路地に入ったところにあります。

到着したのは、12時50分ころでしたが、この時間でもほぼ席は満席。
中で5分ほど待ってからカウンターに案内されました。

店内は奥行きのある広めのカウンター席と、テーブル席が3つほど。

待っている間にメニューを見ていたのですが、まず驚くのがメニューの多さ!
これ、優柔不断の人は困りますよ〜?

悩みに悩んで、「ハンバーグとカニコロッケ」のセットにしました。1,200円。
入り口近くにある小さなテーブルには、生卵や漬物が盛られていて、自由に食べてOKとのこと。

待っている間にもどんどんお客さんが入れ替わり、人気ぶりが伺えます。

ランチが出てくるまでには結構時間がかかり、20分くらいは待ったと思います。
他のお客さんも結構同じように待っていたので、どのメニューもそこそこ時間がかかりそう。

ハンバーグとカニコロッケ定食

ハンバーグとカニコロッケは俵型。
野菜はてんこもり。キャベツとたまねぎの千切りの他、れんこん、かぼちゃ、枝豆と、野菜もバラエティに富んでいます。

ひとくちハンバーグを食べて、あ、これはうまい。
めちゃくちゃ肉肉しいわけでもなく、特別な特徴があるわけではないのですが、ねっとりデミグラスソースが絡んで、めちゃくちゃ美味しい。語彙力がなくてすみません。

このハンバーグがこの値段で食べれちゃうんだ、という手のかかった複雑な味がするのです。

これをじっくり焼くから、出てくるまでに時間がかかるのかもしれません。

カニコロッケは酸味の効いたトマトソース。
カリッとした表面に、とろっとしたクリームコロッケ。

そして、てんこもりの野菜が食べごたえ充分。
キャベツの千切りがメインですが、そのほかにもかぼちゃ、れんこん、枝豆など、いろんな食感の野菜が盛られているので、ここでも満足度アップ。

味噌汁は白味噌ベースで、中にはなんと味玉が半分入っていました。
味玉入りの味噌汁ははじめて食べたかも。しっかり味がついていて美味しかった。

僕にとってハンバーグとカニコロッケの定食って結構思い出深くて、札幌に住んでいた小さいころによく親に連れて行ってもらった定食屋さんの看板メニューだったのです。
ちょっとそれを彷彿とさせるハンバーグの味でした。

ごちそうさまでした

総合力の高い定食屋さんだなあと思いました。
これで1,200円とは恐れ入りました。

やっぱり福岡の食はすごい、改めて思わされたお店です。

もし、いま「福岡の都心で美味しい定食屋さん知らない?」って聞かれたらここをオススメすると思います。
天神から距離はあるけど、歩けない距離ではありません。

食事がおいしいことに加えて、店員さんがみんな丁寧で、テーブルの拭き方や、メニューやお水の出し方まで、とても徹底されているようで感心しました。
これは人気がでるワケです。

ちょっとここの近くに住みたいですね。

ごちそうさまでした。

「いっかく食堂」
福岡県福岡市中央区警固2-13-7 オークビル2 1F
https://tabelog.com/fukuoka/A4001/A400104/40033981/

最新情報をチェックしよう!
スポンサードリンク