「歯科メンテナンスの受診者は35.7%」という記事を読んで、定期的な歯医者通いを激推ししてみる。

歯については人一倍気を使っている私です。

先日、3ヶ月に1回の歯のメンテナンスを終えたばかりなので、また歯の健康について気を引き締めている今日このごろ。

歯の定期メンテナンス、歯をピカピカにしてもらえるし、虫歯のチェックもしてもらえるしで、ほんとみんな行ったほうがいいよ!

歯は治療しても、治療した付近から虫歯が再発する可能性がめちゃくちゃ高いのだそうです。それを考えると虫歯は作らないに越したことはありません。歯を失ってしまうことを考えると、メンテ代なんてたかが知れています。

スポンサードリンク

定期受診者は35.7%

ここで、そもそも歯のメンテナンスって、日本ではどのくらいの人が行っているのか、ふと興味が出てきたので調べてみました。

こんな調査結果を見つけました。
マクロミルで行われた、3万人を対象にした調査です。

これによると、1年に1回以上の頻度で歯医者を定期受信している人は35.7%、10人に3人しか通っていないという結果が出ています。

▼歯科医院への定期受診の関連要因 ~ Web 調査による分析~
https://www.niph.go.jp/soshiki/koku/oralhealth/juq/jyukyu/docu22/docu22_14.pdf

この数字が多いか少ないか。スウェーデンやドイツでは予防的に歯医者に通う割合は90%を超えることを考えると、やはり少ないのだと思います。

日本では基本的に不具合が起きてから歯医者に行くというパターンが多いですよね。
これは文化の違いだと思いますし、そもそもの考え方や歯科医療の成り立ちが根本的に違うのだと思いますが。

僕もいままで、定期検診には行ったことがなかった側です。

虫歯の治療が終わったあとに、歯医者さんから「次は3ヶ月に1回メンテナンスに来てください。予約して行かれますか?」って聞かれたことはないでしょうか?

治療が終わった開放感がいっぱいで、次に入れる予約なんてする気がおきないし、そもそも3ヶ月先のことなんて仕事の状況も分かりません。結果的に「また近くなったら電話します!」とお茶を濁して、もうしばらく行かない、なんてことが何回あったでしょうか。

わかります。でも、ここでメンテナス通いを始めなかった過去の自分を責めたい。
結果としてこの後にまた虫歯が発覚して、セラミックで新しい歯を作らざるを得なくなってしまいました。

人生において後悔はあまりしない方ですが、歯については後悔しています。

メンテナンスで行く歯医者は美容室感覚

歯医者、みんな好きではないと思います。

でも今の僕は歯医者がけっこう好きです。
虫歯の治療のためではなく、メンテナンスとして通っているからですね。

歯のクリーニングは意外と気持ちがよくて、どちらかというと、美容室やエステに通う感覚に近い。

かかる費用は一回5,000円ほど。保険が効かないので若干割高感はあると思います。
国もここに保険適用をして、予防医療に力を入れて欲しいところですが。

でも一度虫歯になって、セラミックの歯を作ろうとすると15万とかかかりますからね……。インプラントにするとさらにその数倍。それを考えると、歯を残すためのメンテナンスで5,000円は決して高くはないと思います。

メンテナンスに行くのだ

もっと早く通う習慣をつければ良かったと心底思っています。
メンテナンス習慣は各自の意識というより、国全体で教育していくほうがよいと思うのですが…。

歯のメンテナンス専門のサロンがあったら流行らないかなあ。虫歯が見つかったら歯医者さんを紹介するみたいな。駅ナカとかにあると流行りそうな気もするんだけど。
1回2,000円くらいだったら、1ヶ月に1回くらい通ってもいいなあ。

今、虫歯の治療に通っている人は、治療が終わったらメンテナンス通いを始めてみてください!
気持ちの良い世界が待っています!

最新情報をチェックしよう!
スポンサードリンク