【糸島生活】夕方の蚊柱の異常発生が半端ない

ジョギングを日課にしている私です。

最近はだいぶ暑くなってきたので、日が落ちるか落ちないかくらいの、夕方の時間帯に走るようにしています。

ただ、夕方でもかなり暑い。
適度にいい汗をかけるので気持ちいいけど暑い。汗だくです。

そして、汗をかけるのは良いんだけど、この時間帯には道路に恐怖の物体が出現します。

それは蚊柱の異常発生。

スポンサードリンク

糸島の道路における蚊柱の異常発生

もう、ものすごい。
初夏のこの時期、めちゃくちゃな数の蚊柱が。
車道歩道にかかわらず、いたるところに発生しちゃうのです。

糸島に限らず、田舎ならよくある話なのだろうと思いますが。

しかも、法則性が全くなく、突然目の前に表れます。
あれ、なんで直前まで見えないのか不思議です。

奴らが現れると、こっちはゆっくりながら走っているので、急ブレーキをかけてのけぞります。
あの蚊柱に突っ込む勇気はありません。
こののけぞりで、いつかギックリ腰とかやってしまいそうな勢いです。

結局、ジョギングはいつの間にか蚊柱よけゲームになり、走るどころではなくなります。

蚊柱がイヤすぎて走る時間帯をずらす

さて、そんな蚊柱ですが、日が落ちるとぱったりといなくなります。
活動時間が決まっているのかもしれません。

夜なって見えてないだけなのかもしれないけど…?
いや、体にパチパチ当たる虫の量も減るので、多分間違いなく減っていると感じます。

なので、夏は日が落ちてから走るのが得策でしょう。

そうなると次に問題なのが、田舎特有の真っ暗問題。
街灯がほとんどないゾーンもあるので、それはそれで危険度が増します。

それでも蚊柱をよけながら走るよりはマシなので、ちょっと遅めの時間に走るように切り替えました。

走る時にはベルト型のライトを身に着けています。

これがあれば、歩道で歩行者や自転車とすれ違う時も安心です。確実によけてくれます。
反射板のような素材でできているので、車に対しても有効です。

というわけで、「蚊柱&道まっくら」は田舎特有の問題だと思いますが、工夫をしてジョギングを楽しみたいと思います。

最新情報をチェックしよう!
スポンサードリンク