鹿児島県のファーストインプレッション

人生初の鹿児島へ行ってきました。

糸島に移住してから九州各地を訪ねてみたい欲はあったのですが、鹿児島は遠くてなかなか機会がありませんでした。

そんな時に、東京に住む義母から「鹿児島に行ってみたいから予定立ててよ(意訳)」という連絡が。
義母は高齢ですが旅行が好きで、各地に足を運んでいます。

我々夫婦も鹿児島に行ってみたかったこともあり、このタイミングに乗ることにしました。

行ったのは鹿児島市内と指宿市。

さて、その鹿児島ですが、いろんな発見がありました。
どことなく他の県や地方とは雰囲気が違う気がする。

というわけで、初めて行った鹿児島県のファーストインプレッションをまとめました。

スポンサードリンク

中心部は意外に都会

少し街歩きをしたのですが、都心部は意外に都会です。
もう少し田舎な雰囲気を想像していました。ごめんなさい。

さらにオシャレなお店が多い。時間があれば入ってみたかったカフェやランチのお店などがたくさんありました。
しかもそのどれもが空いていて、居心地が良さそうなのです。

また、レトロな市電が走っていたり、雰囲気のある老舗のデパートがあったり、いたるところで歴史を感じることができます。

ご飯が美味しい

観光に行って楽しみなのが食事です。

今回は、とある郷土料理を食べられる居酒屋風のお店に行きました。
ここのクオリティがめちゃくちゃ高い!
きびなご、鶏のたたき、黒豚…。名物はもちろん、出てくる食べ物の平均値がとても高く感じました。

また、僕は焼酎はちょっと苦手だったのですが、せっかくの鹿児島なので、妻が頼んだ焼酎を少しもらって飲んでみたところ、これが美味しい。やはり有名なだけあります。
これを機会に美味しい焼酎も開拓してみたくなりました。

顔出しパネルがやたらと多い

観光地によくある顔出しパネル。
各地でよく見かけますが、鹿児島ではその数が尋常じゃないw

桜島が見える展望台や、仙厳園など、いくつか観光地に行ったのですが、これでもかというくらい顔出しパネルが多いw 
もう狙ってるだろうというくらい、必ず置いてあります。

郷土料理の居酒屋の中でまで発見したときには、もうこれは文化として浸透しているんだと感心しました。

西郷さんの象徴感

鹿児島の有名人と言えば西郷さんですが、いろんなところで西郷さんの名前を目にします。
街をあげてみんなが西郷さんに誇りを感じている雰囲気を感じました。

西郷さんがいたから今の鹿児島があるという、リスペクトを感じずにはいられません。

町中に銅像が置いてある

鹿児島にゆかりがある歴史上の有名人(と思われる)の銅像が各地に配置されています。
西郷さんは分かるのですが、中には誰だか分からないような人も。
これも歴史を大事にする鹿児島県人魂なのかもしれません。

運転がしやすい

鹿児島はとても運転がしやすい! 驚きました。
みんな穏やかで、焦っている雰囲気がありません。だいたい相手に道をゆずるマインド。

福岡のように脇道から主線にグイッと割り込んでくることもなく、こわい思いはほとんどしませんでした。
住んでいる人の気質なんだろうか?

電線がない地域が美しい

一部でしょうが、電線が全くないエリアがあります。
その景色の美しいこと。空がキレイに抜けて、電線のない景色ってこんなにキレイなのかと感動しました。
街をあげての取り組みパワーがすごい。

まとめ

総じて、鹿児島、すごく良い。
一気に気に入ってしまいました。

人は穏やかで、どことなくゆったりした空気が流れています。
オシャレなお店に加えて、歴史も感じられる町並みも素敵。
他の県にはない、独特の雰囲気のある町だと感じました。

そしてなによりご飯がおいしい。
何を食べてもここまで美味しいことには驚きました。
長期滞在していろんなものを食べ歩きしてみたい!

最新情報をチェックしよう!
スポンサードリンク