【初心者男のごはん当番】カリカリうまい、じゃがいものガレット。いもさえあれば作れちゃう。

じゃがいものガレットを作りました。
我が家では困った時のもう一品としてよく作ります。

じゃがいもさえあれば作れてしまう手軽さが魅力。
カリカリで食感抜群、塩コショウの味付けでビールが進む、素敵なレシピなのです。

よく妻が作るのですが、今回は作り方を教えてもらって僕がはじめて作ってみました。
作り方のメモと、今後への改善点を忘備録としてまとめておきます。

スポンサードリンク

作り方

材料はじゃがいも3個。

1)
皮をむきます

2)
スライサーでじゃがいもを薄くスライス。
まな板の上でスライスしちゃいます。

3)
スライスしたじゃがいもを千切りにします。
特に形をそろえずに、そのままザクザクやってしまってOK。

4)
フライパンに千切りにしたじゃがいもを投入。
オリーブオイルを適量(大さじ1くらい)を入れて、全体に絡めます。

5)
円形に広げて、フタをして中火で10分ほど焼きます。

6)
裏面がいい具合にカリカリになったら裏返します。
じゃがいものでんぷん質で、全体がくっつくので、フライ返しなどでもキレイに裏返えせます。
フタはこの時点で外します。

7)
裏面もじっくり焼いて、焦げ目がついたら完成。

味付け

食べる前に塩コショウするのが王道です。
ケチャップ&マヨのオーロラソース的なものをつけるのも、アメリカンな感じでよいです。

食べる

全体が千切りなので、ザクザク感&カリカリ感がたまりません。
いくらでも食べられちゃいそうなジャンク感がすごい。

反省点

やや焦げ目が少なく、じゃがいものしっとり感が残ってしまいました。
妻いわく、油が少なかったのでは? とのこと。
次回の教訓とします。

おわりに

材料はじゃがいもだけあればOKの、簡単レシピです。
困った時にぜひどうぞ。

最新情報をチェックしよう!
スポンサードリンク