「伊万里ハーフマラソン2020」走ってきたレポート!

1月13日(祝・月)、今年の走り初め、「伊万里ハーフマラソン」を走ってきました。

去年も出場したこの大会、とてもよい雰囲気だったので2年連続の出場です。

スポンサードリンク

今年の目標は

今年の目標は「練習の一環なので無理をせず、足に水ぶくれを作らない」こと。
こう書くと、逃げのように聞こえますが、実は本命の大会は来月のフルマラソンなのです。

去年はちょっと頑張って走ったせいで、足の裏に水ぶくれが出来てしまいました。
今後もまだ練習は続くため、ここで水ぶくれを作って練習に支障をきたしてはいけません。

目標は2時間切れれば良いかな? くらいな感じで挑みました。

結果

今年のタイムは1時間56分52秒。

体感として去年より抑えて走ったのですが、実は去年より12秒遅いだけ。
抑えて走った割には、まあまあのタイムだったと思います。

去年の大会が快晴で気温が高かったのに比べて、今年はかなり寒かったのも影響しているかもしれません。

目標としていた、足の裏の水ぶくれもできず一安心。

次の段落から、当日の様子を振り返ります。

会場入りまで

当日は5時起き。

7時30分くらいに糸島の家を出発。
西九州自動車道で、糸島から伊万里までは一本で行けてしまいます。しかも、これが無料だというのが嬉しすぎます。

西九州自動車道終点の伊万里あたりでは車が行列になっていましたが、大渋滞もなく、すんなり伊万里までたどり着くことができました。

その終点そばのセブンイレブンでトイレ休憩。同じことを考えていたランナーで男子トイレは5人くらいの列ができていました。

駐車場・更衣室の様子

会場が近づくにつれて、スタッフの方の姿もちらほら見えてきました。
駐車場は数カ所用意されていましたが、会場近くの駐車場は満車。

去年と同じ、坂の上にある啓成中学校に停めることに。
この中学校は少し遠くて歩くせいか、割と遅くまで余裕がある駐車場のようです。

会場までは徒歩で15分くらい。
ウォーミングアップにはちょうどよい距離です。

さて、会場に到着。

更衣室は、点在した建物の中に用意されています。
テントなどではなくしっかり室内で暖房も完備なので快適。

しかし、私が使用した伊万里市民センターは、かなりの混雑ではありました。

走ったウエア

天気はくもりで気温は7.8℃。
走ったウエアはこんな感じ。

・半袖Tシャツの上に長袖ウエア
・ヒートテックタイツ
・短パン
・手袋
・キャップ
・iPhoneを入れたフリップベルト

フリップベルトとは、腰に巻くベルトタイプの物入れです。iPhoneや鍵など、身につけて走りたいものを入れるにはもってこいのベルトです。

ウエアは、体感的にはめちゃくちゃ寒くてしんどいわけでもなかったのですが、とりあえず長袖をチョイス。

15kmくらいは長袖ウエアのまま走れたので、長袖で正解。
終盤のスピードアップ時に上着を脱いで、腰巻きスタイルへ変更しました。

コースの印象

コースは去年とちょっと変わったかな?
町の中心部を一周してから、伊万里大橋方面に向かって走るルートです。

町では風はほとんどなく快適に走り出せたのですが、町を出た途端に強めの風が吹いてくる展開。ラクはさせてもらえませんでした。

走りながら、「なんとなくここ走った気がするなあ」と、去年走った記憶がよみがえってきました。1年ぶりなのに、いろいろと覚えているものです。

伊万里の郊外は田んぼと山で、私が住んでいる糸島の周辺とあまり変わらないことに親近感を感じながら足を進めます。

伊万里ハーフの最大の山場はなんといっても、11km地点の伊万里大橋。
正確には伊万里大橋にたどり着く手前の上り坂。1kmくらいの上り坂が続きます。
頑張って登りきれば、伊万里大橋からの湾の景色が一望できます。ここがキレイなんだよね。

その後はゴールまでは軽い起伏はありますが、ほぼ平坦。
終盤は思ったより粘ることができて、4分50秒くらいのペースで走ることができました。

町方面には応援してくれる方がとても多かったのですが、中でも印象的だったのが「伊万里に走りに来てくれてありがとう〜!」と叫んでいたおばちゃん。
町のことを町外の人に知ってもらえるよい機会ですもんね。こちらこそ走らせてもらってありがとう、という気持ちです。

ゴール後が楽しい伊万里ハーフ

伊万里ハーフのゴール後のお楽しみ。
イベント広場はたくさんのランナーでごった返していました。

そしてランナーにはグリーンカレーと元気鍋が、無料で振る舞われます。

テントの前には長蛇の列。まずはグリーンカレーもらうべく、「ここが最後尾です」の案内札をもったスタッフさんのところへ並びます。

私の手前20人くらいになったときに「グリーンカレー、もう少しでなくなります!」との大声が聞こえてきました。ええ…。

しかし、ギリギリ無事にもらうことができました。良かったー。

辛さはほとんどなく、マイルドなグリーンカレー。ご飯の炊き加減もちょうどよくて、美味しかった! 大量の白米をいい感じで炊くのって難しいよね。

続いて元気鍋の列へGO!
こちらはものすごい大きな鍋で作っているおかげで、売り切れの心配はなし。

この専用鍋には「元気鍋」という名称が刻んであって、元気鍋専用の鍋なんだな。そんなに頻繁に元気鍋を作る機会があるのだろうか。

ごぼう、にんじん、しいたけ、白菜などたくさんの野菜と、伊万里牛が使われています。
少し甘さを感じるスープであたたまる!

カレーと元気鍋を堪能したあとは、各物販テントを物色。
ランナーに配られた200円券で買い物ができるのです。

どら焼き、ピザ、焼き菓子、和菓子など、多岐にわたるラインナップ。

どれにしようか悩んでいると、「200円券一枚でマドレーヌ1個と交換できまーす!」という大きな声が聞こえてきました。声の方を見てみると、大きなマドレーヌが陳列されているではないですか。

他のお店だと小さなお菓子が100円だったり150円だったりするのですが、ここだと1個で200円。
計算も面倒じゃなくて良い! ということでここでマドレーヌをいただきました。

お店の方も売り方がうまいなー。
「200円券、せっかくあるから使いたい。でも細かい数字を計算するのが面倒」というランナーにはもってこいの価格設定。

店主さんの思惑通り、たくさんのランナーがマドレーヌを手に入れていました。

おわりに

今年も大変楽しめました。
伊万里ハーフは特に、ゴール後の雰囲気が良いのですよね。

レースも気持ちよく走れて満足です。
マラソンはハーフくらいの距離が一番走っていて気持ちがよいですね。
フルはちょっと長すぎてなあ。そのぶん達成感もすごいのだけど。

来月のフルに向けて、引き続き練習をがんばっていきます。

最新情報をチェックしよう!
スポンサードリンク