2014板橋Cityマラソンレポート。制限時間は7時間、平坦で走りやすく、初心者にオススメのフルマラソン大会!

140330-itabashi-main
2014年3月24日、板橋Cityマラソン(フルマラソン)に参加してきた。
制限時間は7時間なので、初心者でも参加しやすい大会だと思う。参加者は15,000人とかなりの規模だ。

四回目のフルマラソンになるが、今までで一番練習不足での参加となった。実際、かなりしんどいレースとなった。
途中、ランナー膝の症状が出始めたがなんとか完走。タイムはネットタイムで6時間10分。

スポンサードリンク

会場について

最寄り駅は三田線「蓮根駅」。駅から会場まではきちんと案内板が出ているし、スタッフの方も都度立って案内してくれているので迷うことはないと思う。

三田線「蓮根駅」前。案内板の他、スタッフの方がいて誘導してくれている。
三田線「蓮根駅」前。案内板の他、スタッフの方がいて誘導してくれている。

会場に着いた時の人の多さに圧倒されてしまった。川の土手から河川敷のスタート会場を見下ろす風景は圧巻。ランナーの彩度の高いユニフォームがとても映えている。

この写真では伝わりきらないが、ものすごい数の人!
この写真では伝わりきらないが、ものすごい数の人!

会場ではMCの方の元気なアナウンスがひっきりなしに流れていて、華やかな雰囲気だ。

荷物を預ける際、大行列ができていたが思いのほか流れは良かった。荷物を預けた後はすぐにスタート地点に向かう。

スタート地点はかなりの行列。細い河川敷のコースの奥に延々と並んでいる。1キロ以上あったのでは?
結局スタートの号砲が鳴ってから、スタートラインにたどり着くまでに20分ほどかかってしまった。コースが狭い上に、1万人以上がいるのだから仕方がない。
スタート地点ではゲストの有森裕子さんがみんなを激励してくれていた。

スタート前の行列。最後尾の確認ができないくらい並んでいた。
スタート前の行列。最後尾の確認ができないくらい並んでいた。

平坦で走りやすいコース。今年は大規模な砂利道アリ。

天気は快晴。山坂はなくほとんど平坦な河川敷のコース。20km南に向かって走り、折り返して同じ道を戻ってくる往復コースだ。
当日は風が強く、往路は追い風、復路は完全な向かい風だった。

スタートから10kmほどの地点で、工事をしていて砂利道が1キロほど続く場所があった。これが思いのほか足腰に来てしんどい。砂利が足の裏にごつごつあたるのもじわじわと効いてくる。
往路はなんとか走ったものの、復路ではほとんど歩いてしまった。ほとんどの人が復路では歩いていたようだ。

途中の砂利道。思ったより足腰に来る…。
途中の砂利道。思ったより足腰に来る…。

給水所が多いレース

割と給水所が多めのレースだと感じた。そのため「次の給水所まで頑張ろう」という気持ちになる。
給水所ではバナナやレーズン、小さめのあんぱんやチョコパン、タブレットなど、多くの補給ができた。
一カ所、紙コップがなくなったため手に直接水を注いでもらって飲む、という場所があったがそれもまたご愛嬌。

給水所のほとんどで、風のため紙コップが大量に飛ばされていた。
給水所のほとんどで、風のため紙コップが大量に飛ばされていた。

途中の給水所で小さなおにぎり(お寿司のシャリの部分だけみたいな)を配っていて、それがとても美味しかった。ふりかけなどがまぶしてある小さなおにぎりで、しょっぱい味の補給食も嬉しい。
35km地点での「シャーベットステーション」なる、文字通りシャーベットがもらえるエリアがあった。少し肌寒かったが、面白いサービスだと思う。

17kmあたりで、ランナー膝の症状が発症。

17kmの地点でトイレに寄ったのだが、再開しようとしたところ膝にかなりの痛みを感じた。砂利道で少しずつ違和感が来ていたのだが、本格的に痛くなってきてしまった。
残りの距離(25km)を考えるとかなりの絶望感だったのだが、だましだまし走りはじめると膝が慣れてきたのか、少しずつ走れるようになってきた。
(ちなみにランナー膝は「腸脛靭帯」という場所に炎症が起こるもので、体重を足の外側に乗せるように意識して走ると、腸脛靭帯に負担をかけずに走ることができる。)

レース後の体調

翌日は膝に痛みがあったものの、筋肉痛自体は今までのレースに比べて一番楽だった。
今回のレースではスティックの顆粒VAAMを6本ほど持って、給水所ごとにタイミングを計って飲んでいたのだが、もしかするとそれが効いていたのかも知れない。

まとめ

途中の砂利道がきつかったものの、走りやすいコース。
ボランティアの方々も一生懸命やってくれて、とても気持ちのいい大会だった。
関東に住んでいるのであれば、アクセスもいい。

ランナー膝については、走るときのバランスが悪いために起こるようなので、スポーツ整体にいって徐々にバランスを整えようと思う。

寒い冬に練習をするのはしんどいが、その冬に練習をするためにもこの時期のレースにエントリーしておくのはいいかもしれない。
おつかれさまでした自分!

板橋Cityマラソン
http://i-c-m.jp/index.shtml

ゴールゲート!天気はずっと快晴。崩れなくてよかった!
ゴールゲート!天気はずっと快晴。崩れなくてよかった!おつかれさまでした!
最新情報をチェックしよう!
スポンサードリンク