【スプラトゥーン】ローラーからブキを変えたい!ローラー使いだった私が乗り換えた銃と、その立ち回りのコツ。

150627-splatoon-roller01

元ローラーしか使えなかった自分が乗り換えた、オススメの銃をご紹介。

ローラーをメインに使っているが、他のブキも使ってみたい、でもイマイチしっくりこない、そんな人にこそ読んでいただきたい!

両方使えるわ!という人は暖かく見守ってほしい。ローラーから銃に乗り換えるのは大変なのだ。

スポンサードリンク

ローラーは楽しい。でも他のブキも使ってみたい。

自分はメイン武器にローラーを使っていた。
いや、逆に言うとローラーしか使えなかった

ローラーは楽しい。
隅から隅までキレイに塗る。
敵の背後から轢く。
たまにバッシャーンってやる。

敵を倒すより、とにかく相手のインクを綺麗に塗り替えすのが快感。

もうローラーが楽しくて楽しくて、一生ローラーでいいかな、とも思っていた。

150627-splatoon-roller05

でも、スプラトゥーンにはたくさんのブキがある。使ってみたい。
ローラーに慣れてしまうと、ローラーの動きしかできなくなる。

でも難しそう。
他の武器の試し打ちを何度も試して、しっくり来なくてやっぱりローラーでいいじゃんってなる。

ローラーしか使っていなかった自分からすると、銃の扱いは難しすぎる。

銃がどのくらい下手だったかというと、ヒーローモードのステージ1にてこずるほど。
ローラー以外使ったことないので仕方がない。

だが、これではいけない。
試行錯誤の結果、しっくりくる武器と立ち回りを見つけた。
結果としてスコアはかなりアップ。

というわけで、今までローラー派だった私が、オススメの銃をご紹介!

オススメのブキ。.52ガロンデコ!

私がオススメしたいのは.52ガロンデコ

ローラーは一撃で倒せる強さがあった。
その性能に似たブキ、つまり攻撃力の高いものがしっくりきた。

150627-splatoon-roller02

.52ガロンデコは一発の攻撃力があるので、敵も倒しやすい。
インクがたくさん出るので、塗りやすさもある。連射もそこそこきく。

そしてサブウェポンのチェイスボムが使いやすくて優秀。
ちびっ子ローラーとして活躍してくれる。

銃のコツ。照準が大事すぎる。

ローラーから乗り換えたら、どのように立ち回ればよいか。

銃では、距離を保った立ち回りが重要になる。

銃でのコツは当たり前だが、照準をよく見ること。

ローラーの時は照準はあってないようなものだったのだが、銃では照準が大事。大事すぎる。

そこで照準のコツ。前進するときは前を向いてインクを打つこと。
ローラーを使っていた私はいつも下を向きがちになっていた。

感覚としては地面と平行にインクが飛ぶような照準の位置。

これを意識して照準を前に向けることで、インクを大量に飛ばせるようになる。

銃系のブキ、どこがすごいか?

150627-splatoon-roller03

銃はローラーに比べてスコアが随分出るのだ。
ナワバリバトルで試合に勝てば1,000を越えることも多くなってきた。

ローラーの時は、「いやー今日は塗ったぞ、一回もやられなかったしな!」っていう時でも600とか。
すんごい面積は塗っているんだけど、多分基本スコアが低いのだと思う。

まずは塗りまくってスコアの違いを実感してみよう。

プレイスタイルは変わるか

とにかくチームに貢献したい!という立ち回りをしていたローラー派の諸君。
ブキが変わったからといって、立ち回りを変える必要はない。

ローラーの時のプレイスタイルはとにかく敵から逃げて塗りまくる。少なくても自分はそう。

銃の時も基本は同じ。銃を使っているからといって無理に敵を倒さなくてもいい。ひたすら塗るのだ。これでスコアは稼げる。

敵を倒すより敵に倒されないことが重要なのは、このゲームをやりこんでいるプレイヤーならもうわかっているはずだ。

慣れてきたら敵を倒してみよう

150627-splatoon-roller04

だが、このゲーム、敵との交戦を避ける事はできない。

慣れてきたら少しづつ敵を倒しに行ってみよう。
そのために攻撃力の高い.52ガロンデコをおすすめしている。

コツはやはり照準を意識することと、距離感を把握すること。
初めは照準がまったく合わない。
今まで使ってなかったから当たり前だ。

慣れてきたら敵を倒すことが楽しくなってくる。

まとめ

せっかくスプラトゥーンをやっているなら色んなブキを使いたい。その気持ちは痛いほどよくわかる。

ローラーオンリー派の諸君、是非ローラー以外のスキルを身につけて、もっとスプラトゥーンを楽しもう!

ツラくなったらまたローラーに戻ってくればいいのだ。
ローラーのスキルは他のプレイヤーに比べて高いはずなのだから。

最新情報をチェックしよう!
スポンサードリンク