【ガチエリア戦略】各ステージで「壁を背にした型」を持て!【ハコフグ倉庫編】

ガチエリアでは後ろから急襲されることが少ない「壁を背に戦える場所」を確保することが大事。

[nlink url=”https://www.nmrevolution.org/blog2/2015/09/splatoon-back-point-outline/”]

今回は「ハコフグ倉庫編」。

ここは個人的にはかなり得意にしているステージです。

早速見ていきましょう。

スポンサードリンク

各ステージで「壁を背にした型」を持て!【ハコフグ倉庫編】

ハコフグ倉庫で陣取りたい場所は、下記です。

150920-splatoon-back-point-hakofugu01

(白地図はこちらのサイトからお借りしました。素晴らしい白地図です!)

まずはこの付近を陣取ります。
台の上もキレイに塗っておきましょう。

ここから敵陣方向にインクを打って敵の足止めを狙いつつ、ガチエリアを確保するためにインクを塗ります。

150920-splatoon-back-point-hakofugu02

細い道も、きちんと見ておきましょう。
この道から敵が来ても、細い一本道なので撃っているだけで撃退できるはず。

150920-splatoon-back-point-hakofugu03

割とガチエリア方面から敵が来ますが、台を中心に回避しつつ応戦しましょう。

自分の後ろを塗っておけば、引きながらの応戦も可能です。
その敵がこちらに気をとられている間に、味方が後ろから倒してくれることもしばしば。

150920-splatoon-back-point-hakofugu04

危うくなったら、ガチエリアを突っ切って、反対側のエリア(マップ右側)に移動しましょう。

反対側のエリアでもやることは基本的に同じですが、こちらは敵が上の通路からやってくることがあるので注意。

この場所移動を繰り返しながら戦えれば、自然とキル数は増えていきます。

というわけで、ハコフグ倉庫編でした。
この立ち回りができると、このステージの勝率はぐんとあがります。

最新情報をチェックしよう!
スポンサードリンク