フルマラソン5時間ランナーの持ち物リスト。

151210-run-sub5-item

先月走ってきた富士山マラソン(フル)。
なんとか5時間を切ることができました。

[nlink url=”https://www.nmrevolution.org/blog2/2015/11/fujisan_4th/”]

そんなサブ5ランナーの私が身につけて走った補給アイテムはこんな感じ。

スポンサードリンク

持参した補給アイテム

・顆粒のアミノバイタル4本
・スポーツようかん4本
・ショッツ エナジージェル1本

これらをフリップベルトに入れて走りました。

フリップベルトとはラン用のモノ入れベルトです。
これ最高なので、知らない方は一度体験してほしい逸品です。

[nlink url=”https://www.nmrevolution.org/blog2/2014/11/flipbelt/”]

で、10kmおきの給水と同時に、アミノバイタルとスポーツようかんを補給していました。

アミノバイタルはアミノ酸の補給用。レース中にアミノ酸を補給することで筋肉のダメージを軽減する効果があると言われていますが、どれだけの効果があるかは分かりません。毎回走りながら飲んでますが、いつも足はキツイからね…。

スポーツようかんはカロリー補給用です。
フルマラソンは給食にバナナやチョコなど甘いものがたくさん出るのですが、スポーツようかんは少し塩気があって良いんですよね。

しかもこれ、開封する必要がなくて、指でぐっと押すとにゅっと中味が出てくる仕組みになっていて、とても食べやすいのです。

[nlink url=”https://www.nmrevolution.org/blog2/2014/11/sports_youkan/”]

そして30km付近で「shotz(ショッツ)」を補給。
ショッツは外国製のジェルです。かなーり甘ったるくて苦手なんですが、どこかの記事でラストスパートに効く!的なものを読んで気になって、仕入れて持って行ったのでした。
これのおかげなのか、最後の5kmはスピード維持どころかタイムを上げることができました。

そこそこいい値段するし、効果はあるのかな?

そういえば初めてフルを走った時はエネルギー切れが怖くて、ラン用のリュックに小さいあんぱんを5個とエネルギーゼリー的なものを入れて走ってました。今考えるとなんでそんな重いものを…と思いますね。

フルマラソンでは給食が充実しているので、都度補給すれば持参する食料はそんなに多くなくてよいと思います。

その他の持ち物

・ガーミン(時計)
・フルマラソンペースチャート
・ポケットティッシュ

時計も必須ですね。
スマホだと確認する時にいちいち取り出さないといけないですし、音声で案内を流していても聞きたい時に聞けません。

フルマラソンペースチャートも必携です。
どんなペースで走れば目標を達成できるのかが一覧になったシートです。これをチェックポイントごとに確認します。走りながら計算はなかなかできないので。

[nlink url=”https://www.nmrevolution.org/blog2/2015/09/run-full-pace-chart/”]

おわりに

というわけで、こんな感じのものを持って走っています。

これだけのものを持って走れるのは、やはりFlipBletの力が大きいです。ほんと、重さをほとんど感じないですからね。

今のところ今回紹介したセットがベストだと感じているので、これからしばらくはこれらを持って走ることになりそうです。

最新情報をチェックしよう!
スポンサードリンク