熊本城マラソン2018走ってきたレポート<準備編>

2018年2月18日(日)熊本城マラソンを走ってきました。
去年福岡に移住してきてから、はじめてのフルマラソン参戦です!

熊本城マラソンは12,000人が走る大きめの大会です。
参加者多数のため、抽選となりました。
福岡マラソンは抽選で外れて走れなかったので、よかったよかった。

この大会は前日にエントリーを済ませなければならない大会です。
そのため、我々は前日に熊本へ移動し1泊、大会当日もそのまま1泊という2泊3日の工程で参加しました。

奥様も走る人なので、2人で参加です。

スポンサードリンク

前日 福岡から熊本へ移動

福岡県糸島市在住の我々は、熊本までは新幹線で移動。

博多駅から30分で熊本。

実は新幹線での九州内の移動ははじめてだったのですが、博多−熊本間って30分で行けちゃうんですね。
あっという間すぎて驚きました。

お弁当食べていたら着いてしまった。旅気分を味わう間もなく到着してしまいました。近すぎる…。

焼肉弁当で力をたくわえます。

熊本駅では「ランナーの方はこちらへ」みたいな、大きな看板が出ていて迷うことはありませんでした。

改札を出るとすぐに案内表示。

熊本駅からは市電に乗り、受付会場のある「辛島町駅」で下車します。
ちなみに熊本城があるのもこのエリアです。繁華街があるエリアですね。

(熊本にも市電があるの、恥ずかしながら初めて知りました。)

駅前広場。奥に見えている黄色い電車が市電です。

16時半過ぎに会場に到着。
目の前が受付会場になっていたので、ここでも迷うことは全くなく。

受付会場入口。

前もって取得していたQRコードを提示し、ゼッケンをもらいます。
そのまま隣にあるEXPO会場へ移動し、そこで参加賞のTシャツをゲット。

EXPO会場全景。

EXPO会場は割とこじんまりしていましたが、写真撮影や試供品の提供などがあり、たくさんの人で賑わっていました。

宿泊地は、EXPO会場から歩いて5分くらいのところにある「ドーミーイン熊本」。
ドーミーイン、ビジネスホテルだけど大浴場がついていてお気に入りなのです。

この日はランナーが多く泊まるせいか、チェックインまで長蛇の列。
あと、ランナー以外にも中国からの旅行者がやたらと多い印象。熊本も観光地として人気があるのでしょうか。
15分くらい待ってようやくチェックイン完了。

既に夕食の時間だったので、部屋で一休みしてから夕食のために外出。

辛島町にある大きなアーケードで、お店を物色しました。
あまり脂っこいものは嫌だねということで、お肉とハンバーグが食べられるお店でさっと済ませました。
この日はビールも我慢です。

この日の夕食。昼に続いて肉で元気をつける。

帰りにコンビニで、翌日の朝食を買い込んで帰宅。

翌日は朝5時半ころには起きたかったので、早めに就寝…したかったのですが、ホテルの部屋は乾燥していて暑く、なかなか寝付けません。

さらにどこからか水のゴボゴボという音が聞こえてきて、それが気になって気になって、全然寝ることができず。
こういうときって、些細なモノが気になりだしますよね。時計の音とか、何かの駆動音とか。

結局2時くらいまで寝られませんでした。ガッデム。

当日の準備

6時前に起床。ねむい…。

起きてすぐに朝食を食べます。
・おにぎり2つ
・大福1つ
・さくらもち1つ
・経口補水液500ml
あまり食べられなかったなあ。

マラソン時の持ち物はこんな感じ。
・ショッツ3つ
・メダリスト5つ
・スポーツようかん3つ
・塩熱サプリ10粒
・iPhone
これらをマラソン時の携帯品を運ぶための必須アイテム、フリップベルトに入れて用意します。

走る服装はこんな感じ。
・長袖Tシャツ
・ウインドブレーカー
・ユニクロヒートテックタイツ
・短パン
・キャップ
・手袋
・シューズ(スカイセンサー)

会場まで徒歩で移動

宿泊地からスタート地点までは1kmほどと、歩いて移動できる距離です。
ウォーミングアップも兼ねて徒歩で移動。たくさんのランナーが歩いているので、迷うことはありません。

天気の方は、寒くて耐えられないということもなく、走るにはなかなか良いコンディション。
風もなかったし、なにより晴れていて、とても気持ちのよいマラソン日和となりました。

8時20分くらいに現地に到着。その時間には既にたくさんのランナーが。
ちなみに8時40分までにスタートエリアに入っていないと棄権となってしまうようです。

スタート地点付近には、荷物預け用のトラックがずらっと並んでいて、なかなか圧巻の風景。
端のほうに陣取ってゼッケンをつけたり、チップをシューズにつけたり急いで準備をします。

天気は良かったのだけど、スタート地点は日陰なこともあり、結構な寒さ。
100円ショップで買った雨カッパを着て寒さを凌ぎます。
とは言っても、凍えるような寒さではなく、全然耐えられる感じ。

スタート前の様子。

そうこうしているうちにオープニングセレモニーが始まり、何人かの偉い人のお話がスピーカーから流れてきました。

そうそう、当日のゲストには熊本出身という石川さゆりが来ていました。
スタートゲートで実際の姿を観られたのだけど、着物姿で麗しかったなあ。

猫ひろしや、石原良純も来ていて、バラエティに富んだゲスト参加となっていました。

さて、いよいよスタート。

つづく。

最新情報をチェックしよう!
スポンサードリンク