【西新宿ランチ】西新宿7丁目「さつき」でほっけの開き。昭和感あふれる雰囲気がたまらない、ザ・定食屋さん。

西新宿7丁目、小滝橋通りにある「さつき」に行ってきました。

お目当のお店が満席でさまよっていたところ目に飛び込んできた、なんとも素敵な定食サンプルが並ぶショーケース。そして、レトロな深緑色の看板。これだ!と中に入ってみました。

スポンサードリンク

さつき

おお。なんだろう、この懐かしい食堂感は!
壁には手書きのお品書きがずらっと貼られていて、日に焼けたポスターなんかがまたいい味を出しています。少し細工のしてあるテーブルと椅子も、昭和感が溢れていてたまりません。

そして店員さんがみんな仲よさそう。「仲良しおばちゃん4人組が立ち上げました」みたいな感じのお店。力が抜けていて、みんな優しそうで、非常によい雰囲気です。
こころなしか、お客さんもみんなリラックスしているように見えます。

ランチメニューは、食品サンプルにあったように、とんかつや生姜焼きや唐揚げなど、ザ・定食が多め。

その中で、日替わりの魚の定食に目が止まり、昨日に引き続き、魚にします。
「北海道産ほっけの開き(大)」。890円。

5分かからず出てきました。この早さは作り置きかな?

でも魚の身はアツアツでした。脂が乗っていて、おいしいほっけです。ご飯が進む進む。

そしてなんといっても、付け合せにコロッケとキャベツの炒め物がでてくるのが嬉しい。付け合せの次元を越えているようなボリューム。これが魚の口直しにとてもよい感じでした。

ご飯はてんこ盛りでしたが、コロッケのおかげもあり、バランスよく完食。

あ。あと冷奴に見える豆腐は湯豆腐でした。冷たいと思って口に入れたらアツアツで、ダチョウ倶楽部みたいになった笑

ごちそうさまでした

スピーディーでボリューミーで、急いでいる時にもよいかも。
そしてなにより、この雰囲気の良さにはまりそうです。

いかにもな定食が食べたい時には、是非おすすめなお店です。

ごちそうさまでした。

「さつき」
東京都新宿区西新宿7-6-2 宇津宮ビル 1F
https://tabelog.com/tokyo/A1304/A130401/13012212/

最新情報をチェックしよう!
スポンサードリンク