【西新宿ランチ】西新宿7丁目「ビストロコロリス」で絶品フレンチランチ。この美味しさを表現する語彙が足りないのが悔やまれる!

西新宿7丁目「ビストロコロリス」に行ってきました。
1,300円とランチとしては少し高めでしたが、いやー、絶品ランチでした。

スポンサードリンク

ビストロコロリス

お店は少し奥まっています。入り口にはフランス国旗。
一応メニューの掲示はあるのですが、オシャレすぎてぱっと見なんだか分からない。笑

短いアプローチを通って中に入ります。

先客には年配夫婦とその子供夫婦と思われる4人家族と、会社の同僚と思われる女性4人組。

「今日は魚が終わってしまいまして、鶏肉の料理のみなのですがよろしいですか?」とホールの店員さん。

前情報によると、ランチは魚か肉のコースが選べるとのことなのです。
肉ランチにしようと思っていたので問題ありません。

「すぐ片付けますので〜」と少し待ったあと、4人席に案内してもらいました。

店内はフランスをイメージしたものなのでしょうか、細かい装飾が施されたオブジェがたくさん。棚に並べられた小物もオシャレです。

ランチは鶏肉しかないので、メインはそれとして。
サラダかスープを選んでくださいとのこと。サラダは7種の野菜、スープはカブのポタージュ。野菜を食べたい気分だったので、サラダをチョイス。
食後にはコーヒーか紅茶がありますがとのことで、コーヒーにしてもらいました。

先にすぐサラダが出てきました。

品数も色数もたくさんのサラダ。彩りが鮮やかでキレイ。
味の方も絶品でした。バーニャカウダ的な濃厚なドレッシングがめっちゃうまい。

食べていると、パンとメイン料理が出てきました。
このメイン料理も野菜が多くて賑やか。
鶏肉を中心に、たまねぎ、カブ、かぼちゃ、さつまいも、ズッキーニ、トマト、ロマネスコ。

いただきます。
う、うまい…。鶏肉はとてもやわらか。ソースは濃厚で、肉はもちろん野菜をつけて食べてもうまい。こちらもサラダと同様、バーニャカウダ風のヤツですが、濃厚なのにしつこくなくてうまい。僕の語彙が少なくて全然表現できない。うまい。

野菜がまたそれぞれが最高にうまい。思わずうんうんと頷きながら食べる。

パン。これ、すごい。
表面はサクサクパリパリ、中はふかふか。こんなうまいパンは久し振りに食べた…。そして、小さいけど、密度が意外に高くてなかなかの満足度。でももう一個くらい食べたかった…。

食後にはデザートとコーヒー。

このデザートがまたすごいんだ。
凍らせたイチゴとブドウが乗ったババロアのようなもの。ゴマ風味でグレー色のババロアプリンがすごいうまい。スプーンが本当に止まらなかった。

コーヒーもとてもおいしくて、普段はコーヒーにはミルクと砂糖を入れる僕が、ブラックで飲めました。スッキリ雑味なしの美味しいコーヒー。

ちなみに、ホールの方の対応は必要最低限、といった感じ。

と思ったら、ホールの店員さんは寡黙なように見えて、実はおしゃべり好きなのか、常連さんと思われる人とずっと競馬の話をしていました。笑。

ごちそうさまでした

なんだこの店は…。ここ西新宿だよな…。雰囲気もあいまって、どこか違う国に来たような気さえしてしまいますよ。

ランチとしては1,300円と高めの設定だけど、全てが最高でした。これはこの界隈で働いている人は一度は行くべき!

ごちそうさまでした。

「Bistro COLORIS (ビストロ コロリス)」
東京都新宿区西新宿7-16-1 第3歯朶ビル 1F
https://tabelog.com/tokyo/A1304/A130401/13025528/

最新情報をチェックしよう!
スポンサードリンク