脱・初心者!サーモンランの立ち回りで気をつけたいこと

どっぷりスプラトゥーン2を夜な夜な楽しんでおります。
なんせ、Switchが買えたのが去年の年末。スプラ2歴もまだ3ヶ月弱なのでまだまだ楽しい盛り。
スプラ、最近では仕事のストレス解消に欠かせない…。

なかでも最近はほぼサーモンラン。

サーモンランは意思疎通が限定されている中でのプレーが面白いですね。
自分は野良のみですが、野良パーティーにおいて、お互いが「こうしてほしい」と思っていることを実行できた時の脳汁の出方が半端ないです。

最近ようやくいろんなことが分かってきて「たつじん」までランクアップできたので、普段気をつけていることをまとめておきます。

スポンサードリンク

オオモノについて

まずはオオモノについて一言メモ。

タワー

こいつが出てきたら優先度1番で倒しに行きます。
あのスプレー、本当にやっかいなので。

カタパッド

放っておくとやっかい度ランキング第2位。
クマサンのアドバイスにもありますが、ロケットを狙う際にRボタンを押しっぱなしにして照準を正確に合わせましょう。適当に投げるより命中率が格段に上がります。

モグラ

浮きに追いかけられたら、一度浮きを踏んで顔を出させましょう。インクが塗られている広い場所でやるのがよいです。

カメラを下に向けてボムを投げると、ころころ転がらずにその場に置く感じになるので便利。
あとは緑の輪が光ったタイミングで遠くから投げつけるとよいですが、こっちの方が難しくて、タイミングが命なので練習あるのみ。

ヘビ

ヘビは特定の一人を追いかけてきます。自分がタゲられていると思ったらまずは逃げる。
タゲられていないと思ったら優先度高めで倒してあげましょう。
自分がタゲられていないということは、誰かが追いかけられているということです。
こいつがいると通路も塞がれてしまうので、ちょっと早めに倒したい。

コウモリ

アメフラシ、地味にやっかいです。
コウモリが撃つロケットは壊すことができます。「ロケットを打ち返すと一撃で倒せる」とクマサンが言っていた気がしますが、一度もそれをできたことがありません…。
単にロケットを壊すだけでもアメフラシが発生しないので、積極的に狙っていきましょう。

バクダン

あのバクダンで相当な面積の足場を塗られてしまいます。
飛距離のないブキの場合、飛距離のあるブキを持つ仲間に倒してもらうのもアリ。
その際は、雑魚を蹴散らすのに注力して、仲間の足場を確保しましょう。
個人的にはこいつ結構苦手。上を向かないといけないし、その間に他の敵がやってくるし…。

テッパン

こいつは一番楽だと思います。
できるだけカゴの近くにおびき寄せて倒すことで、イクラ運搬の労力を減らしましょう。

その他のキャラについて

グリル

グリルは坂は登れますが、段差は直接上がって来られないので、タゲられている人は高台に登ってグリルの進行を制限します。

ランクが上がってくるとみんなやることがわかってきて、阿吽の呼吸でハメることができるので、ボーナスステージ感あります。

連射系のブキを持っている場合は、コジャケを倒すのに集中しても良いです。コジャケ、地味に邪魔なんですよね。

ハコビヤ

カゴに連結された時には全力でコンテナに撃ち込みましょう。
ハイパープレッサーあったら打ってもいいかもしれない。

キンシャケ

ややボーナスステージ感あります。
高台に4人で固まりましょう。カモンすると良いです。
高台に4人が固まって、一方方向から突っ込んでくるシャケを、とにかくボタン押しっぱなしで蹴散らすだけです。

気をつけていること全般

カモンは積極的に使う

一番最初のオオモノを見つけた時には積極的にカモンしましょう。
最初のオオモノ出現時は土地も荒れていなく、倒しやすいので人数をかけてさっさと倒すのが良いです。
時間が経つにつれ、放っておくとどんどんカオスになってきて手が付けられなくなります。

また、干上がった土地にカゴが出現する際、地味に気づいていない人も多いので、ここもカモンで教えてあげましょう。

ヘルプも積極的に使う

ヘルプしたら助けてもらえるかは別として、ここにいるよーとアピールしましょう。
カゴの周辺には仲間がいる確率が高いので、そこに移動するとよいです。

クリアを優先する

金イクラの納品数を越えたら、それ以上の納品にはあまりこだわりません。チームが生き残ることを優先します。最後自分だけになった時に逃げ切れた時の優越感はなかなかです。笑。
金イクラが多ければ多いほど報酬も多くなるようですが、個人的には称号を上げたいので。

スペシャルは躊躇しないで使う

WAVE3までは取っておきます。

スペシャルは残しても仕方がないので、バンバン使いましょう。
ピンチに陥ったら使うのではなく、その前の打開に使うのが良い。

塗り特化ブキの場合は塗りを優先する

ローラーやバケツの場合、塗り範囲が大きいので、他の仲間が立ち回りやすいように、足場確保に重きを置きます。私は性格的にもこういうサポート役が楽しいです。
リザルトに塗った面積も出してほしいなあ。

仲間の状態に気を配る

ついつい自分の立ち回りに集中しがちですが、仲間の生死も常に気にしましょう。
生き残りが2人になっていたら、仲間の救出をなにより優先します。

おわりに

という感じでサーモンラン楽しんでいます。
1回のゲームが短いので、ついついあと1回あと1回とやり続けてしまいます。

たつじんになるとステージの難易度が上がって歯ごたえが出てきますね!

最新情報をチェックしよう!
スポンサードリンク