【糸島ランチ】「ドライブイン鳥」で、鶏肉を自分で焼く焼肉ランチ!

「ドライブイン鳥」でランチを食べてきました。

鶏肉を焼き肉のグリルで焼いて食べられるお店なのです。

スポンサードリンク

ドライブイン鳥

場所は、JR加布里駅の近く。福岡市と唐津市のちょうど中間くらいでしょうか。
車でいくと、唐津街道を西に走ると、右手に見えてきます。

お店の前には広い駐車場完備。
ストレートな看板が目立ちますね。

中は意外と広くて、120席ほどあるようです。
靴を脱いで座る小上がりと、テーブル席ずらっと並んでいました。

基本的に焼き肉やさんらしく、どの席にも焼き肉用の埋込式コンロが設置されています。

メニューを見てみます。
「ドライブイン鳥」という名前だけあって、鳥肉料理が中心。

しかも、鶏肉を焼き肉として焼いて食べるというスタイルのようです。鶏肉を焼いて食べるってあまり聞きませんね。

定食メニューも用意されていました。
こちらも、鳥めし、鳥唐、チキン南蛮など、鶏肉メニューが多め。

せっかくなので、焼き肉タイプが食べたい! というわけで、ランチ限定の「おすすめ定食(980円)」をチョイス。

待っていると、先に鶏肉と野菜のお皿が登場。
若鶏・ネック・オススメ肉2品とのこと。

たしかによく見てみると、いろんな部位の肉が入っているようです。
続いて、鳥飯・サラダ・鳥スープがやってきました。

早速焼きましょう!

鶏肉、結構厚いので焼くのに時間がかかります。
できるだけ、たくさんの肉を乗せておきたいですね。

テーブルに備え付けの専用タレでいただきます。

おお、どのお肉もプリプリでいい感じの弾力があります。 
しっかり火を入れたいので、ちょっと長めに焼きましたが、表面の皮がカリカリになってよい食感です。
ちょっと焼きすぎて固くなってしまったお肉も。加減難しい……。

鳥飯も美味しかった。
ふっくらご飯に、適度な具。バランスがよい鳥飯だと思いました。

一緒についてきた鳥スープも美味しい。
味は思ったより抑えめですが、鶏肉もごろっと入っていました。

しかし、席が暑い……。
暑すぎる……。

座ったのは靴を脱いであがる小上がり席だったのですが、まわりを壁で仕切られているせいか、風が全然通りません。目の前にはゴウゴウとガスの火が燃え盛っているしで、汗がダラダラと流れ出てきます。

「美味い」より「暑い」の感想の方が強くなってしまいましたね。

後半はお店全体に冷房が効き始めたようで、だいぶ過ごしやすくなりました。
テーブル席のお客さんはそんなに暑そうにはしていなかったので、夏の季節はテーブル席をオススメします。

トラブル発生

ご飯を食べる前のトラブル。

座った席は、小上がりの掘りごたつ席でした。
当然、靴を脱いで掘りごたつに足をおろします。

その時に足の裏にいやな感触が。
見てみると、前のお客さんがこぼしたと思われる鳥スープを踏んでしまったようです。

靴下はびちゃびちゃになってしまいました。
とりあえず靴下は脱いで食事を先にすることに。

帰りに店員さんを呼んで、床がぬれていた旨と、靴下を入れられるビニール袋をもらえるようにお願いしました。

すると店員さんは裏側に飛んでいき、すぐにビニール袋と足をふくための紙を持ってきてくれました。

「本当に申し訳ありません! わたし100均で靴下買ってきましょうか!?」

そこまで必要はないのでやんわりお断り。

その後のレジでは、違う店員さんがお会計をしてくれたのですが、そこでもお詫びの言葉をいただきました。
きちんとレジの人にも連絡が行っているんだと感心しました。

トラブルはトラブルで仕方がないので、その対応をどうするかで印象が変わってきますね。

こちらの店員さんたちはトラブル対応もしっかりしてくれましたし、注文時や食事を持ってきてくれるときの対応もにこやかで気持ちのよい接客でした。

ごちそうさまでした

トラブルはあったものの、対応もしっかりしていて、好印象なお店です。

鶏肉を焼肉のように焼いて食べるレア感もあり、印象的なランチになりました。
お店の中が暑かったので、温度調整だけしっかりしていただければ最高です。

ごちそうさまでした。

「ドライブイン鳥 糸島店」
福岡県糸島市神在1384-2
https://tabelog.com/fukuoka/A4009/A400901/40002719/

最新情報をチェックしよう!
スポンサードリンク