【唐津】鏡山で花見。頂上までの道路(鏡山公園線)の桜が見事でした!

4月の第1週のこと、唐津にある鏡山(かがみやま)に花見に行ってきました。

なんといってもここは、鏡山の頂上まで車で登る道路の両脇に現れる、桜のトンネルが見事なのです。

また、展望台から眺める虹の松原がこれまた見事。いつ行っても感動します。

本記事では、鏡山の花見時期の様子や、駐車場についてご紹介します!

スポンサードリンク

鏡山の場所とアクセス

鏡山は、唐津の東に位置している大きな山です。

頂上には展望台があり、虹の松原と唐津湾を見渡すことができる、絶景スポットになっています。

鏡山へ向かうには、ふもとにある大きな鳥居がスタート。
そこから始まるくねくね道(鏡山公園線)を車で登っていくと、駐車場にたどり着きます。

駐車場は130台収容なので、かなり余裕があります。
無料で停めることができるのも嬉しい!

花見の時期の道路が素敵すぎる

桜の時期は、頂上まで登っていく道路の両脇に桜が点在しています。

これがめちゃくちゃキレイ!
緑色の葉の木と桜の木が交互にやってきて、そのコントラストがなんとも言えず素敵。

これが1ヶ所だけではなく、何回も何回も出現します。

気のせいではないと思いますが、この道を通る車は、みんなスピードが遅めです。
桜を見ているに違いありません。

ちなみに、2019年4月9日現在、GoogleMapのストリートビューで鏡山の道路を見てみると、なんと桜の時期の風景が楽しめます。ぜひ雰囲気を味わってみてください。

駐車場から展望台までの様子

車を駐車場に停めたら、展望台へ向かいましょう。

駐車場から展望台までは少し歩きます。
徒歩で10分ほどでしょうか。

その途中でも桜を眺めることができます。

展望台の手前にある、芝生の広場にも桜がたくさん。
ゆっくり歩いて楽しめる遊歩道もあります。

展望台の様子

展望台へ向かいましょう。

鏡山から南に突き出した展望台からは、虹の松原、唐津湾、唐津城などのスポットのほか、唐津市内が一望できます。

遠くはうっすらと霞んで、幻想的な風景が広がります。
きちっと整備された田んぼや畑の、パッチワーク感のある世界観がたまりません。

この非日常感はいつ行っても見事。

また、展望台の眼下には森が広がっているのですが、そこには桜が点在しているのが見えます。
ここはちょうど車で登ってきたエリアなので、この桜の下を通ってきたんだということが分かります。

まとめ

展望台周辺広場の桜もとても美しいですが、やはり山頂までの道路の桜が素敵ですね。

展望台からの眺めも素晴らしくて、桜の時期は、桜と展望台、両方が楽しめてお得な気分になりました。

今年の桜はもう終わりが近いと思いますが、ぜひお花見の時期にたずねてみてください。

最新情報をチェックしよう!
スポンサードリンク