【糸島ランチ】加布里「はれるや」で、ふわふわの魚南蛮。

糸島の加布里にある定食屋さん「はれるや」に行ってきました。

外観がちょっとめでたい感じのお店です。
定食のお皿、何を食べてもぜんぶ美味しかった!

スポンサードリンク

場所

場所は「加布里」という地区。
周りは広大な田んぼが広がる地域です。正直、お店のまわりには何もありません。

お店は一軒家を改装したような佇まい。
入り口ののれんや飾り付けの、めでたい感じがとても良いです。

お店の前には4〜5台停められそうな駐車スペースが用意されています。

内装

カウンター席が4席ほどと、4人がけのテーブル席が3つほど。そんなに広いお店ではありません。

我々夫婦が到着したのは14時ころ。
先客が1組、さらに我々のあとに1組お客さんが来ていました。

壁際には楽器やグリーンなどが所狭しと並べられており、賑やかで多国籍な印象があります。店主さんの趣味なのでしょうか。
店内には少し大きめの音量でジャズが流れているところもおしゃれ。

壁にはたくさんのお酒が並べられているところを見ると、夜は居酒屋として営業しているみたいです。焼酎、日本酒、カクテル系、幅広く準備されていました。
ただ、このお店に来るにはほぼ車が必須なので、ハンドルキーパーさんが必要ですね。

メニューをチェック

さて、メニューを確認しましょう。
ランチメニューは6種類。魚南蛮、ハンバーグ、唐揚げ、焼肉、辛みチキン、海鮮丼のラインナップ。

魚南蛮ってなんだろう。「糸島南蛮はコレ!」って書いてあります。これは気になりますね。

6種類あるメニューの中から「魚南蛮(890円)」と「鉄板ハンバーグ(1,080円)」をオーダー。

また、プラス250円で、味噌汁を「そうめんちり」に変更できるとこと。そうめんちりとは、煮込んだそうめんで、糸島の名物なのだとか。これまた初耳。

とても気になったので、ひとつの味噌汁をそうめんちりに変えてもらいました。

いただきます

10分ほどで定食がやってきました。

こちらが魚南蛮。

さっそくいただきます。

薄い衣で口触りが軽い!
中身はふわふわ食感の白身魚。なんの魚なのかはわかりませんでした。タラ的なお魚でした。

水気や油気のないタルタルが個性的。例えるなら、おからのようなホロホロ感。でも味はしっかりタルタルです。不思議。

また、揚げ物の中には、れんこんやパプリカも入っていました。これも食感がよくて非常に美味。
糸島のお店で食べる野菜って本当にうまみがあって美味しいんですよね。このお店の野菜もめちゃくちゃ美味しかった。

こちらは鉄板ハンバーグ。

あまり肉肉しくない、ふわっとした食感のやわらかいハンバーグでした。ソースは甘め。

ハンバーグの付け合せの茄子もとろとろで、めちゃくちゃ美味しかった!
野菜が美味しい定食は正義!

そして、こちらがそうめんちり。

懐かしさを感じる、甘い味付けの煮込んだそうめんです。少し太いそうめんの食感が、なんとも言えずほっとする感じ。おばあちゃんちで出てきそうな雰囲気。

ごちそうさまでした

何を食べても美味しい定食でした。
ただ、全体的にちょっと量は少なく感じました。

ちなみに、我々以外のお客さんも、見事に全員が「魚南蛮」か「ハンバーグ」を頼んでいました。この2つがこのお店の看板メニューなのでしょうか。

お店のめでたい鯛のロゴもすごくいいなあと思いました。
接客も丁寧で居心地のよいお店です。おすすめ!

ごちそうさまでした。

「はれるや」
福岡県糸島市志摩御床293
https://tabelog.com/fukuoka/A4009/A400901/40051284/

最新情報をチェックしよう!
スポンサードリンク