「富士しゃくなげ湖ハーフマラソン2019」参加レポート

今シーズン初のマラソン。
2019年11月17日(日)、佐賀県佐賀市富士町で開催された、「富士しゃくなげ湖ハーフマラソン2019」に参加してきました。

この大会、2017年にも参加したのですが、雰囲気が良くてお気に入りの大会なのです。

スポンサードリンク

今回の記録

まずはタイムから。
ハーフマラソン、ネットタイムで2時間7分20秒

まだ本格的な練習を始める前なので、タイムを狙う走り方はしていません。
どちらかというと練習の一環くらいの気持ちで走りました。

・キロ6分ペース
・給水所以外で歩かない

という最低限の目標はクリアできたので、まあまあかなと。

しゃくなげ湖ハーフの特徴

このしゃくなげ湖ハーフマラソン、コースのほとんどがアップダウン。
上ったと思ったらすぐ下り。下ったと思ったらすぐに上りの繰り返し。なかなかハードなコースなのです。

ダム湖の周りを走るコースなので、こうなりがちですね。
最後の2kmくらいはフラットなコースが続くのですが、ここがとてもラクでご褒美に感じるほど。

給水所では、地元のボランティアの方が一生懸命給水の準備をしてくれています。
給食には、バナナ、パンなど。

沿道の応援はあまり多くはありませんが、みんな一生懸命応援してくれるので、こちらも嬉しくなります。
できるだけ手を振り返したり、お辞儀をするなど、リアクションするように心がけました。
応援する方もリアクションがあると嬉しいのは、福岡マラソンで応援してから分かったことです。

当日の格好

忘備録として当日のウエアをまとめておきます。

半袖のジョギングウエア
アームウォーマー
手袋
ヒートテックタイツ
短パン
帽子
iPhoneを入れたフリップベルト

フリップベルトは腰に巻く物入れベルトです。大量に物を入れても揺れずに快適に走れるので、マラソン時には重宝します。

2017年の時は風が冷たく、凍えながらスタートを待ちましたが、今年は快晴で穏やかに待機することができました。

走っている時にはうっすら汗をかく気温。
後半はコースの大変さに加えて日差しも強くなり、アームウォーマーを外すほどでした。

参加賞がスゴイ

しゃくなげ湖ハーフ、参加賞が充実!

タオルとお米がもらえます。
これに加えて、夫婦で参加した場合には、さらに倍量の米がもらえるのです。

我が家では夫婦2人で参加したので、2人分の米と、夫婦参加賞の米を合わせて、8kgほどの米をゲットしてきました。

また、ゴール後には抽選ボックスでくじを引くことができます。
今回はなんと、「旅館宿泊券(妻)」と「温泉利用券(私)」が当たりました。

参加費用4,000円でここまでの物がもらえたら、かなり得した気分になっちゃいますね!

当日ダイジェスト

当日は朝5時半起き。
普通に朝食を食べ、糸島にある自宅を7時過ぎに出発。三瀬トンネルを通りしゃくなげ湖を目指しました。

朝日がまぶしい

車のナビでは雷山の前を通るルートが表示されたのですが、紅葉シーズンのため渋滞していたら大変ということで、三瀬経由のルートを選択。

特に渋滞もなく、8時過ぎには現地に到着。
ちなみに、糸島側から行くと、三瀬を越えた後にはコンビニがないので注意。

(厳密には「三瀬そば」を越えたあとにセブンイレブンがあるのですが、そこにたどり着く前に右折します。コンビニを利用するならセブンまで行くか、三瀬峠の前で寄りましょう)。

駐車場には何人も案内してくれる方がいて、迷わず駐車することができました。

駐車場の様子

スタート地点の目の前にはA-COOPがあり、カンタンなものなら食料を仕入れることも可能です。私はバームクーヘンをゲットしました。

引き換えハガキを持って受付を済ませ、参加賞をいただきます。

受付はこちら

一度車に参加賞を置きに行き、男子更衣室(体育館)にて準備開始。

更衣室は体育館が開放されています

トイレは校舎のものを利用できるので、めちゃくちゃキレイで清潔。
8時40分くらいの時点では、行列はナシで利用できました。

9時ころから開会式開始でしたが、すこし寒かったので9時過ぎまで更衣室でゆっくり準備をし、9時15分くらいにスタートエリア付近へ移動。

行ってきまーす

9時35分スタート。

11時30分すぎにゴール。
着替えをしたあとで、無料の豚汁券にて美味しい豚汁を頂きます。

これが美味いんだな

また、三瀬の有名カレー店、クーネルさんの移動販売テントが出ているのを発見。これは食べなきゃ!ということで早速購入。

めちゃくちゃ美味しいスパイスカレー

移動販売とは思えないクオリティ! これで1,000円とは思えません。
たくさんの人がこのカレーを食べていました。

マラソン完走後も、日が出てきて暖かかったので、ゆったりと過ごすことができました。
その後、くじ引きで当たった温泉利用券を持って温泉へ移動します。

終了後は温泉へ

くじ引きで当たったのは、「湯招花」という日帰り温泉の利用券。
この付近には古湯温泉と熊の川温泉という2つの温泉エリアがあり、「湯招花」は熊の川温泉エリアにあります。

温泉に来ました

「湯招花」の日帰り温泉は1,200円。
しゃくなげ湖ハーフマラソンでは、参加賞として温泉利用補助券500円分がもらえるため、妻はその補助券を利用し、私は利用券を使って温泉を利用することに。

2017年のマラソン参加後に浸かりに行った温泉は、めちゃくちゃ混んでいて芋洗いのようでイマイチ良い印象はなかったのですが、ここの温泉はそこまで混雑しておらず一安心。

かなりキレイで広い温泉、しかもお湯の温度が低めのため、かなり長湯できます。
疲れたマラソン後に入るなら、このくらい優しいお湯が良いですね。

風呂上がり後には畳でくつろげるスペースも用意されていて、ゆったり過ごすことができました。
ここの温泉、オススメです!

おわりに

富士しゃくなげ湖ハーフマラソン、アットホームでお気に入りの大会です。

決してラクなコースではありませんが、ハーフなので距離的には丁度よく、気持ちよく走ることができる大会だと思います。

完走後のくじ引きや豚汁などのおもてなしも楽しいし、参加賞の米も嬉しい。

スケジュールが合えば、今後もぜひ走りたいマラソンのひとつです。

最新情報をチェックしよう!
スポンサードリンク