【大阪滞在12時間弾丸ツアー】昼食はオムライス発祥のお店「北極星」で人気No.1のチキンオムライスを!

大阪オムライス北極星

0泊3日で九州から大阪まで「大洋フェリー」で行ってきたプチ旅行。

大阪滞在時間12時間の、弾丸観光ツアーの様子をまとめています。

本記事では、ランチを食べたお店をご紹介!

スポンサードリンク

ランチに何を食べる?

旅行の楽しみの一つは食事でしょう!
これがくいだおれの街、大阪であればなおさらです。

せっかくの大阪、昼食に何を食べるか悩みました。

大阪じゃないと食べられないものがよいよね。
でも大阪といって思いつくものって、たこ焼き、お好み焼き、串揚げくらいしかありませんでした。

どれも昼食というより、ビール飲みながら夕食に食べたいやつだし、たこ焼きはランチではない。

いろいろと調べていくうちに、大阪にオムライス発祥のお店があることが分かってきました。

大阪とオムライス。
はて、意外な組み合わせですが、大阪でしか食べられないなら行ってみよう!

吟味した結果、「北極星」というオムライス発祥のお店に行くことに決定。

北極星へ移動

場所は心斎橋となんばの間。

観光で大阪城にいた私は、森ノ宮駅から大阪メトロ長堀鶴見緑地線で心斎橋へ移動します。

心斎橋駅から南下して、お店を目指して歩きます。
10分ほどで到着しました。

目に入ったのは、なんとも味のある外観のお店。
なにかの補修工事をしているようで、足場が組んでありましたが、営業はしているようです。よかったよかった……。

大阪オムライス北極星の外観

この時、時間は12時半。しかも土曜日。
有名店らしいし、ちょっと並ぶかもなあと覚悟していたのですが、すんなり中に入ることができました。ラッキー!

お店は大きな一軒家を改装したような日本家屋。
青い畳がずらっと敷かれた大広間に案内されました。

大阪オムライス北極星の内観

木造の柱や壁、障子など、雰囲気バツグンです。
かしこまった雰囲気ではなく、どこか大衆感もあります。

大阪オムライス北極星の内観

そして、日本家屋なのに、あえてのピアノのBGMなのが素敵。

テーブルに置かれているメニューや案内には、日本語・英語・中国語・韓国語の併記が。

大阪オムライス北極星の案内表示

ここにも国際化の波が押し寄せていました。アジアからの観光客も多いのでしょう。実際、中国人らしき人が注文している声が聞こえてきました。

何を食べる?

さて、メニューをチェック。
オムライスにもたくさんの種類があります。

大阪オムライス北極星のメニュー

チキンオムライス、きのこオムライス、ビーフオムライス、ポークオムライス、ハムオムライス、カニオムライス、海老オムライス!

そのほかにも、ソースがハヤシやビーフシチューになったものなど、ものすごいバリエーション。

初回なので、この中から一番基本の「チキンオムライス(830円)」をオーダー!

いただきます

10分弱でオムライスが出てきました。
黒いお皿に、鮮やかな黄色いオムライスがよく映えます。

大阪オムライス北極星のオムライス

ソースがたっぷり。ケチャプよりゆるめです。
生姜の付け合せも珍しい組み合わせ。

それではいただきます!

おお、なんじゃこりゃ、ご飯粒がめっちゃパラパラ!
ごはんの圧縮感が全くありません。
スプーンがサクっと入っていく!
普通、もうちょっとねっとり感あるよね?

大阪オムライス北極星のオムライス

ご飯はチキンスープと炒めているのか、ダシがすごく効いていてうんまい。
ソースは、やや甘めのトマトソースです。
ケチャップよりゆるめなので、ごはんに多めにからめて食べるとちょうどよい。

卵は固めでうすめ。トロトロの半熟ではなく、しっかり火が入っている系です。

具は小さくカットした鶏肉とたまねぎのみ。食べやすいサイズ。

ごちそうさまでした

これがオムライス発祥の店の味か!
美味しかった!
ごはんのパラパラ加減、すごかった。

そして、なにより、お店の雰囲気がよくて、店員さんの朗らかな接客も素敵です。

私を含めて一人で食べに来ている人も多かったので、気兼ねなく席を確保できるところも良いです。

食べ終わって、13時くらいにお店を出た時には行列ができていました。数十分の差が命運を分けた!

ごちそうさまでした。

「北極星 心斎橋本店」
大阪府大阪市中央区西心斎橋2-7-27
https://tabelog.com/osaka/A2701/A270202/27001274/

大阪オムライス北極星
最新情報をチェックしよう!
スポンサードリンク