【大阪滞在12時間弾丸ツアー】ベタだけど大阪城を観光してきたよ。ちょうど桜の時期で最高の雰囲気。

大阪城

0泊3日で九州から大阪まで「大洋フェリー」で行ってきたプチ旅行。

大阪滞在時間12時間の、弾丸観光ツアーの様子をまとめています。

スポンサードリンク

大阪観光、どこに行くか?

朝食を「純喫茶アメリカン」で食べたあとは、大阪観光にでかけます。

旅行前の予定づくりの時に、「大阪」と聞いて思いつく観光地を考えてみました。

あべのハルカスなとの高層ビルの展望台が有名らしいが、そもそも私、高いところが苦手。
USJもそんなに興味がないし、1人で行ってもなあ。
太陽の塔を見たい! と思ったのですが、太陽の塔がある場所は思いのほか遠くて移動だけで時間を使ってしまう。
あとは、そうだ、大阪城を見てみたい。

というわけで、ベタですが、大阪城を見に行くことしました。

移動

大阪城へ移動します。
朝食を食べたなんばから、心斎橋まで徒歩で移動。

徒歩で移動中にAppleストア発見

心斎橋駅から、長堀鶴見緑地線で森ノ宮駅まで乗ります。

乗車時間は約8分。
大阪城は意外に都心にあるのですね。

大阪城周辺は桜が満開

駅から地上に出た時の光景にびっくり。
この日は4月13日だったのですが、大阪では桜ちょうど見頃で、大阪城周辺はそれはそれは見事な桜で満開でした。

大阪城の桜

大阪での桜の状況を知らなかったので、こんな素敵な桜が見られて得した気分!
天気も快晴ですばらしい花見日和!

遠くに大阪城が見えますねえ。
ちょっと距離がありますが、お城に向かって歩きましょう。

ローソンは景観に配慮してなのか、茶色。

お堀+高層ビル+桜の素敵な組み合わせ。

石垣と桜。

15分ほど歩いて、大阪城の真下に到着しました。
広場は外国人観光客でいっぱい。

甲冑を着て記念撮影できるサービスには、家族連れの行列ができていました。
これは嬉しいよね。

大阪城の撮影サービス

この広場には、忍者の格好をした人がウロウロしていました。
周りを見渡して「ウムウム」ってうなずきながら歩くだけで、特にパフォーマンスをするでもないんだけど、あれは何をしているんだろう。雰囲気づくり?

大阪城の内部へ

さて、場内に入るには、自動販売機でチケットを購入する必要があります。チケットを買うだけで長蛇の列。
いろんな国の言葉が聞こえてくる多国籍感。日本語はほとんど聞こえてきません。

大阪城入場のチケットを購入
大阪城入場のチケットを購入

10分ほど並んでチケットを購入しました。

ゲートを通過し、そこからさらに5分ほど歩いて、ようやく場内へ。

もちろん、場内も海外のお客さんでたくさんです。人口密度がスゴイ……。
狭い階段を登っていくと、各階には戦国時代の解説をした展示がずらり。

みんな、じっくり熱心に見物していました。
やはり日本の独特の文化、みんな興味あるんですね。
もちろん、どの展示にも英語表記が併記されています。

最上階の天守閣からは、大阪市内が一望できました。
まわりに金網が張ってあって、景色がやや見づらいのが残念でしたが、これは安全面の配慮でしょうか。仕方ないですね。

天守閣にあるお土産コーナーにも、海外観光客が日本っぽいモノを求めて殺到していました。
筆文字が書かれた扇子とか、城のキーホルダーとか。日本じゃなきゃ多分買えないですもんね。

おわりに

思いがけず、桜が見事な時期に観光できて良かった!

そして、海外からの観光客がこんなに多いことに驚きました。
京都は海外からのお客さんが多いのは分かるけど、大阪もこういう状況なんですね。
日本の文化に興味をもってもらえるのは嬉しいことだ。

大阪のおおらかさと外国人の自由な感じの組み合わせって、すごくマッチしていて、観光都市としても大阪ってものすごいポテンシャルがあるなあと感じました。

駅に着いてから、大阪城の滞在時間は約1時間15分。
次に、早いですが昼食へ向かいます。

大阪城
最新情報をチェックしよう!
スポンサードリンク